スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生80年のうちの5年
明日で3月も終わるそうで。

日本は新年度が始まりますねぇ。

こちらは9月始まりなので

3月・4月の別れ・出会いの季節

っていう感覚はほとんどありません。




卒業式は5月。
その時期はちょっと物悲しくなるかな。

明後日から4月といえば、また1つ歳を取るまであと1ヶ月になるわけで(汗) 口で言うほど歳を重ねることにあまり抵抗はないのだけれど、多分それは留学って言う身分だからかなぁと。自分より4つくらい下の子らと一緒に勉強したり遊んだりしていると(あ、人種は違いますけど)、どーしても自分の年齢を低く見積もりがちで(おい)。まだ22歳くらいの感覚でいますからね(笑) 良いのか悪いのか周りからの扱いもそういう感じ。

今年の秋、中学からつるんでいた仲間の1人が嫁をもらうことになったそうでして。バンド仲間に続いて嫁取りはこれで二人目かな?この彼に関してはもっと早く結婚するんじゃないかと思ってたから、意外っちゃ意外。職人さんだからもしかしたら早い方なのかも?(いや、よく知らんけど)

でねー、こういう話が回ってくるとふと我に返るんですよ。
"あ、自分てもう三十路前じゃん!!"って。
で、ちょっと凹むんですよ(笑)


30手前で社会経験ゼロですからね!! 威張るとこか 汗


ガッコを出るまでは働く予定はないし嫁に行く予定もないし。
色んなところで同年代から遅れを取ってる訳で。

大学、院、博士課程っていうコースだったらこの年齢でも学生ってのはアリだし、そういう友達いっぱいいるけれど、HiRo、学部だし(爆) しかも学士、二つ目だし(笑) 日本のキャリア的発想だったら、超無意味なことやってるねーって感じ。6年前、就職することを考えたこともあったけど、落ち着いて考えて自分に問いかけたら、やっぱりアメリカでMTを勉強したい気持ちが強かったから、両親に頭を下げてこちらへ来て5年。親友はその間に結婚して2児のママになったり、転職するヤツがいたり、香港でバリバリ働いてたり、アメリカで再就職しちゃったヤツもいるわで、周りの流れに自分だけ取り残されたような気もしてるけれど、それは自分が選んだことだしこれが自分の人生だしね。

早く早くと焦っても、時間が早送りされる訳じゃないし焦ってコケるのも嫌だから、いずれ最終地点にたどり着くなら地道にやってくしかないなぁ。

と、
久しぶりに真面目に考えてみた。
けどね、多分すぐ忘れる(爆)

こういうことって、日本に一時帰国中はドーンと重くのしかかって潰れそうになるんだけど、アメリカで生活してる時はほとんど感じないんだよね(汗) 残りの人生があと50年だと考えたら今まで生きてきた2倍もあるわけで、そのうちの5~6年をアメリカで勉強したってそれはそれでいいじゃんってな感じで軽くなってしまう(笑)


まま、
こうして一時帰国が億劫になってくる訳ですね(汗)


Secret
(非公開コメント受付中)

すごく共感です(笑)
俺なんかもうアメリカ8年目ですからi-201
しかもアメリカに来て今の学校で5つ目だし。。。
どんだけ遠回りしてるんだって話ですよ。

日本に帰って友達に会うと出遅れた感じがしますよね。
結婚してたり子供産んでたり、バリバリ働いてたり。。。
でもアメリカにいるとホント気にならないんですよねぇ。
うちらはこれから頑張りましょ!! 笑
しんごさん
遠回りは私も同じですねー。高校卒業後にすぐMTの勉強を始めていれば、もしかしたら今頃は学部か院を出てバリバリSessionしてたんじゃないでしょうかねぇ(汗) 自分にとっては、日本での大学生活も無駄ではなかったし、それがあったら留学する意志がしっかり固まったとも言えるので後悔はしてないです。そうそう、うちらはこれからこれから。卒業後にたくさんの人の力になれるよう日々精進して行きましょ~!!
多分アメリカにいる人たちって何かしら焦りを感じながら生活しているのかも??って思いました。
私はまだ来て日が浅いけど、新年度になったことを実感できていなかったことにかなりの焦りを感じちゃってました。
三十路手前!?だめよーー。そんなこと言ったら・・・。
mさん
周りを見ると、自分の友達は度は違えど焦りを感じてますねー。自分の場合は、高校卒業後の留学ではないし、かといって院留学でもないから、焦り的なものは渡米時からついて回ってましたよ。ま、5年もするとその扱いにも慣れますけど(笑) 
30手前で社会経験ゼロ・・・正直キツイですよね。

自分は、交換留学という身でしたが、それでも日本とアメリカでの考え方のギャップに苦しんだ時期がありました。

日本は入り口重視
アメリカは経験重視

みたいな。

自分も同年代のやつが就職するのを見て、クソーと思いました。

遅れた分、上を目指します。

目指すだけでなくて、そうなって欲しいです 汗

ホント、学部2回とかスゴイですよ。

よく決心ついたなって思います。

実際、僕自身どうなるのか楽しみです。

やっぱ、働くならアメリカなんですか?

ちなみに、僕は、22歳と言われても、ですよね!って言うと思います。

ツルッツルの肌すばらしいです。
Hiroboくん
社会経験ね。
働いた記憶は学生時代のイタリアンでのバイトとカテキョくらい?(笑) けど、学部・院・博士課程と進んでいく人が周りに多いせいか、アメリカにいるとそういうのをあまり気にしなくなっているような気がする(おい) 学部二回もねぇ、時々"何やってんだろなぁ、自分"て思うけれど、一番勉強したいと思った分野を学んで、一番やりたい思った職種に少しでも近づいていることを考えると、資格を取って実践に飛び込んでからだって別にいいじゃないかと思える。お金になるような職業ではないけれど(少なくとも日本では)、僅かでも自分が担当した患者さんの力になれるなら、それでいいやって。1人で生きてく分くらいはどうにかなるだろ(笑)
かっこよすぎるwww

かっこよすぎますよwww

てかイタリアンめっさいそうですw
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。