下がったり上がったり忙しいヤツ
期末試験1週間前ってことで、

今週はやること盛りだくさんです。

今日
Summary Report提出

明日
Abnormal Psyで試験

明後日
Practicumの授業でプレゼン

で、
金曜日はこれに実習も入るので明日はプレゼンの準備+実習の準備。
やることあるなぁと思うけれど、これも今までのセメスターと比べたら屁でもないわけで…。なのに、とっとと始めずにギリギリになって慌てる自分。まもなくコースワークが終わると言うのにねぇ(汗) 

さて、昨日はApplicationを出したDetroitのインターンシップサイトからメールがあり、それを読んで少し凹んでいました。と言うのも、不況による予算削減でDetroit Public Schoolへの予算も出来る限り削減するとお達しがあったとのことで、インターンシップ先のMTも首を切られる可能性があるらしいと。で、今回はMTが切られることは免れたけれども、8月末にそれが保証されるとは限らないとのことで、インターンシップはどうしますか?と言うメールでした。自分はまだインタビューすら受けてない状態なので、今後どうなるかはわからないけれどとにかくインタビューは受けさえて欲しいとメールをしました。最終的にわかるのが8月末から9月ってことなので、もちろん他のインターンシップ先からも内定をもらっておかないといけないのだけれど、Nobody knowsな訳ですしまずはインタビューを受けねばと思って。今までいろいろと"ピンチ"な場面には遭遇してきたけれど、こればっかりは自分の力じゃどうにもならないや(苦笑) あぁ、そうだ。Detroitの野郎ども、Tax returnで戻ってきたお金をDPSに寄付しなさい(おい)。

で、今日はIndividualのSessionがもうないので1日Off。
体調があまりよくないので、外へは行かず部屋で今日提出のSummary repotの続き。昼過ぎに終わって教授へ提出。んで、戻ってきていたProspectus PaperのGradeとコメントを見ようと添付ファイルを開いたところ、ビックリ。添削がW教授ではなくてR教授というのを加味しても、Prospectus Paperで見たこともないGrade。
まさかの


B/A


ペーパー書きは嫌いじゃないし、参考文献探しも割と好きな方だと思うけれど、何度書いてもProspectus PaperでC/B以上もらったことないんですよね。それが、B/Aって!!!で、教授からのコメント。たいてい、ココをこう書き直しなさいとかAPAの間違いとかを指摘されるんだけど、教授、"この参考文献はとてもいい!!"とか書いてて、何を指摘されてるんだろう?とドキドキしながら読んでるこっちは、ずっこけました(笑) 添削する人が違うだけで、これだけ違うんだなぁ。。。改めて、論文出しまくってる東の皆さんはすごいなぁと思いました。

そんな訳で
昨日のメールで憂鬱だった気持ちがふっ飛んだ午後(笑)
明日の試験の勉強もなんだか頑張れそうな気がしてきました。

って、
どんだけ単純なの…。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!