Haydnさん…、嫌いになってもいいですか?
ほい、本日試験2つのプレゼン1つっていうHardな日でした。
当初の予定では、Music Historyの試験も今日だったんだけど、
月曜に延期されまして、非常にLuckyでした。

そんなわけで今日も8時から授業でした。
先週の睡眠不足を解消しないまま新しい1週間に突入して
しまったのか、毎日体がしんどいしんどい。

あと2日、乗り切きったるわっ!!!
昨日は更新しなかったんだけど、14時からPrivate Lessonがありまして、久しぶりに先生に怒られました(笑) やっぱりどうしてもHaydnが暗譜できなくて、不完全なままLessonに行ったんだけど、それじゃあ暗譜で弾いてみようってなった時に、当たり前だけど弾けなかったわけです。で、先生ご立腹。ま、仕方ねぇよ。自分が暗譜できかったのが悪いんだし。で、その後も練習してたんだけど、やっぱり暗譜できない。自分の頭の中で何が起きてんだろうか? 

そんな訳で、かなりピアノが気がかりになってきてしまった今日この頃。授業中もなんとなくHaydnさんが気になる。頭の中で彼のソナタが流れまくり。もうお腹いっぱいです…。で、8時・9時・11時・15時・16時と6つの授業をこなした後、18時半からGugaのRecitalに行ってきました。感想は『あれは聞きにいくべき!!』って感じですかね。いやぁ、Gugaの演奏マジ良かった。んでもって演奏後の笑顔がCute(笑) Studio Classで同じ曲を聴いてるけど、そんなんとは比べ物にならないくらい上手だった。なんだろ、多分Performance能力に長けている人なんだろね。自分の見せ方や、観客のひき込ませ方をよく知ってる感じがした。もちろんテクニックもあるけどさ。うーん、勉強になる。今セメはほとんどの人が(もしかするとHiRoとGlenn以外全員…?)Recitalを開くからクラスメイトのに行くだけでもかなりの量あります。今まで人の演奏をじっくり聞くって機会があまりなかったから、自分にとってはいい刺激になって楽しい。

Recitalの後はもちろん練習。
明日もPrivate Lessonがあるもんで、今度こそHaydnさんを暗譜していかなければ、かなりまずい状況。で、明日は他の曲も弾かなきゃいけないので、4曲練習。Schumann&Bartokの暗譜を完璧にしたりと何気にやることたくさんあった。ひたすら、ただひたすら弾きました…。久しぶりです、こんなにガンガンした練習したの(笑) 自分が腱鞘炎持ちってことを忘れてて、何も気にせずガンガン弾いてました。




その結果…。

2時間くらい過ぎたところで、やばいくらい手が痛い。そして、トリルで指が動かない。スピードに乗れない。指がもつれる。

はい、練習しすぎました。
ってか、必死に練習するあまり力が入りすぎていたようで、Fallの時の演奏の仕方で弾いていたようです。


そりゃ、手も痛くなる…(笑)

もうどうにもこうにも手が言うことを聞かないので、休憩がてらそのへんをフラフラしようと思って廊下にでたら、廊下中に響きわたる大音量のピアノの音…。












うるせぇ…。













どこのどいつだよ、ドア開けて練習してるヤツはよ。
ん?この曲はTchaikovsky…?concertoだよね??? はぁ…、犯人は間違いなくヤツ。あ、ほれLisztに変わった…。

予想通り、Nateでした(笑)

そういや、こないだ怒らした!!っと若干焦っていたのだけど、特に変わった様子も無く普段通り。さすが、アメリカ人(笑) 

で、あまりにも音がうるさかったので思わず「何でドア開けて練習してんのさ?めっちゃ音漏れててうるせぇよ。」と忠告。
で、返ってきた答え。




「だって、部屋が暑いんだよ…。」




相当、力いれて練習してたんだろうねぇ…。確かにRecitalが来週だからわからなくもないけど、ものすんごいうるさいんでドア閉めてください(笑) ただでさえ、アンタの弾き方音がガンガン響くんだから。繊細さが足りないんだよね、この人(って人のこと言えないけど。) で、久しぶりにくだらない話をしたり、楽譜で分からないところを聞いたりして、お互い再び練習へ。友達が練習してると、こっちも頑張るぞってな気持ちになっていいよね。で、今日ヤツのSight Readin能力を初めて目の当たりにした。Bartokでわかんない表現方法があって、彼に聞いたんだけど、その時にNate、どんな曲だ?って言ってThird Movementを弾きだした訳ですよ。そしたら、いとも簡単にさらりと完璧に弾いちゃってビックリ。その直後、この曲ってそんなに簡単だったんか…。と、自分の能力に呆れる(笑) いやー、しかしできる人間って違うなぁと思った。思わずYou are awesome!!と口から出てしまったよ(笑) HiRoももっとテクニックがあればなぁ…。こればっかりは練習あるのみっすね。

ヤツのガンガン響く音を聞きながら自分も負けじとHaydnを暗譜。85%くらいは暗譜できたんじゃないかなぁ…。でもさすがに授業6コマの後3時間練習してると後半は疲れてきちゃって頭を使って覚えられない。最終的に、耳と指の記憶で弾こうとしてる自分がいて、これじゃいかんと思って切り上げて帰って来ました。これ以上練習したら間違いなく手が再起不能になるし。それだけは避けたい。

しっかし、よく練習したなぁ、今日は。
昼間も練習してたんでそれを併せると5時間強。寝不足と疲れで夜の練習はすこーし眩暈(笑) 気付けば夕飯も食べずにやってまして、結局今夜は飯抜き。疲れ果てて食欲も失せた。もうここまでくると意地だよね。

火曜日に見た先生のあの悲痛な目…。きついんよ。マジ。経験した人にしか分からないと思うけど。明日はちゃんと弾けるといいけどなぁ…。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!