お寿司
先日、

"冷凍庫にあるTunaを消費せねば!!"

と思い立ち

Sashimi grade Tunaを

食べてみました。



今回は、
"えぇなぁ。俺も食べたいなぁ"と
言っていた相方も一緒です。

が、この男。
生魚(特に青いヤツら)を食べるとお腹を壊すという体質の持ち主。新鮮であろう日本の生魚も、時によっては腹痛を起こすらしい。そんなヤツがこっちで生魚なんて食ったら一発アウトじゃね? けど本人曰く、少量だったら大丈夫とのことなので、食卓に出してみました。


       握りと鉄火巻き


握ってみました。
初めての割には上手に握れた気がする。
やっぱり水っぽいので、握りよりも巻きの方がおいしいかな。

で、これだけだとお腹を壊してしまううちの相方はたくさん食べられないので、いつものアボカドとカニカマを使った巻き寿司も作りました。


       カリフォルニアロール風


日本風の海苔巻きとご飯が外側になっているアメリカのカリフォルニアロール風。このタイプは初めて作ったんですが、中身が多すぎたのか上手く巻けず(汗) 海苔が苦手なアメリカ人の為に、海苔が内側に入ったこのタイプが作られたらしいですけど、普通の海苔巻きの方が作るの簡単じゃね? これは、要練習ですねぇ。

お腹が痛くなってしまう相方は少しだけ鮪のお寿司をつまんで、あとはアメリカ巻き。そんな訳で、ほとんどの鮪寿司がHiRoのお腹の中に入りましたwww 生魚を食べたら、3~4時間後にお腹が痛くなることが多いらしいのですが、少量だったせいか大丈夫みたいでした。ふつーにピンピンしてた。

冷凍だから水っぽくなるのは避けられないのかもしれないけれど、この水っぽさがなければけっこう美味しいTunaだと思うんだけどなぁ。まあ、内陸でこのクオリティーだったらたいしたもんかね。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!