スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SENSE
今日は1日雨だったKzoo。

来週にはKzooを出て新天地へ行くので

今週末はMoving saleと題して

近所の友達に食器やらテレビやらを

持っていってもらいました。

いやー、部屋がスッキリスッキリ(笑)


Moving saleが予定通りに終わったので、夕方は相方が持ってきてくれたMr.Childrenの新しいアルバム『SENSE』をエンドレスで流していました(笑) 

『Super Market Fantasy』から2年ですか?
日本にいると待たされた感があるんでしょうが、基本情報がインターネットからしか流れてこないところにいると、"2年もアルバムだしてなかったんだ。へぇ~"って感じです。アルバムを手にする前に、某インターネットサイトで収録曲は既に聞いてたので、新鮮味はないんですがそれでもこうして手元にアルバムがあると


顔がにやけて元に戻りません(笑)


前回の『Super Market Fantasy』は40のおっさんらの曲とは思えないポップパステルカラーのアルバムな印象だったんですが、今回はサウンドは明るめで前向きながら歌詞は考えさせられる感じのものが多いですね。


以下はHiRoの勝手な感想ですのであしからず。

1曲目
『I』
一発目がコレかよ!?と(笑) 思い切った感じ。
Bank Band以降、ミスチルって(というか桜井和寿)は所謂ニューミュージックの流れも持ってんのかな?とよく思うようになったんだけど、ちょっとそんな雰囲気のする『I』。歌詞は、心の中のずるい部分や隠したい部分がごっそりえぐられる感じがします。

2曲目
『擬態』
これ、ラジオで解禁されたらしいですね。
サウンドは非常に爽やか。『Paddle』なんかを彷彿させるようなwww そして、「煮え切らないような、思い切って飛び込めないような、納得いかないような、そんなものと対峙している苦悩みたいな感じで、それこそそれを乗り越えるには頭で考えるだけじゃなくて"Sense=感覚"を使ってみたらいいんじゃない?みたいな、でも、まだ自分はそのことに気が付いてない」っていう歌詞。サウンドの垢抜けた感じとのその歌詞の意味のコントラストがうまくマッチしているような曲。

3曲目
『HOWL』
冒頭の恐らく"Oh~~~"の部分が"Whale"って聞こえる(笑) ジャケットがクジラだけに余計にwww アップテンポの曲なのでテンションがあがります、これは割と初期の頃を思い出させる感じかも。けど、歌詞は自分探しという名の迷路に迷い込んだ20代後半のやさぐれ感があるようなないような感じ。

4曲目
『I'm talking about lovin'』
これも『Kind of Love』とか『Versus』とかそんなのを彷彿させるなぁ。友達以上恋人未満の揺れる感じが伝わってくるあったかい曲。しかしなんですか、韻の踏み方が秀逸。Friend とThe ENDをかけるってね。

5曲目
『365日』
きっと、これ名曲に名を連ねるんでしょうな。ちょっと弱気な女々しい男の気持ちを代弁させたら多分桜井和寿の右に出るものはいないんじゃないかってくらい、優しい包み込むような歌詞。んでもって、こういうのが女性の心をぐわっっと鷲づかみするんだろうなぁ。え?私?最近、こういう歌詞みても"桜井和寿、これはやりすぎやろ~~~www"と斜に構えて見てしまう、そんな三十路一歩半手前(笑) 今までLiveバージョンを聴いていたんですが、高音部が聞いてて気持ち悪くなるくらい音が取れてなかったので、CDのもここまでひどかったらちょっとなぁと思っていたんですが、その辺りは大丈夫っぽかったね。Liveの時は調子が悪かったんかねぇ???

6曲
『ロックンロールは生きている』
テンションがあがる曲です。 Liveでやったら跳ねまくりたい!!! 荒っぽい歌い方もなかなかいいですねー。前の曲が幸せ色のバラードなので、その対比が好きです。あと、Guitarソロもいいね。(最近ソロ少なくね???汗) 健ちゃんが弾いてるんかね?

7曲目
『ロザリータ』
某巨大SNSにて、この曲名を目にしたとき、「ロザリータって何よ?(汗)」って思ったんですが、こういうことなんですね。歌詞見たらわかる訳なのね。そして、またダメな男感いっぱいの歌詞。こういうダメな男も描かせたら他に右に出るものがいないくらいうまいよなと。そして、エロい(笑) けど、これが下品でなく綺麗にまとめているところがさすが大人。

8曲目
『蒼』
昨日、年明けの行き先が決まったHiRoなんですが、決まる前の鬱々としていた生活の時に某インターネットサイトで聞いたので、鬱々とした気持ちがバーストして号泣しましたよ(汗) 5年間の留学生活で、悩み続けていた全てがこの歌詞に凝縮されていて、"櫻井さん、私の5年間を何処かで見てたんですか?"って感じ(笑) 全体的に絶望感が漂うけれど、そこにも何か暖かい光が差し込んでいるような感じのする曲。

9曲目
『fanfare』
劇場版ワンピースのために書き下ろされた曲だとか。
映画は観てないけど、これもしかすると映画とピッタリな曲だったんじゃないの??? 初めて聞いた時にスケールのでけぇ曲だなぁって思った。新しい生活や何処からか旅立つ時に聞くと勇気付けられそうなので、自分に発破をかけたい時はお世話になりそうですwww

10曲目
『ハル』
"春"でも"はる"でもなく"ハル"
曲を聞くと確かにイメージは"ハル"かな。"春"っていう文字の持つイメージよりもカタカナの"ハル"の方が歌詞の持つ意味にあっているような気がします。何気ない日常の中にある綺麗なものや心を動かさせるものに気が付いた瞬間ないメージ。考えすぎてもう疲れたって時に聞いたらふっと楽になれそうだなぁって思った。あ、実際ここ数日のどん底低空飛行の時に聞いて、少し気持ちが穏やかになったわけですがwww

11曲目
『Prelude』
何かが見えないところで動き出しているような感じな曲ですねー。あとは、土台はあるから腹括って飛び込むだけ!みたいな。悩んで前へ進めない時に、"めんどくせぇ!!! もう進んじゃえっ!!"って思わせてくれそうです(笑) ちなみに、私も腹括るまではウジウジグズグズしてるんですが、一旦腹を据えるとまさに"悩んでたことなんて 今はとりあえず棚の上へ"状態になりますwww 悩んでる1日も笑って過ごす1日も同じ1日なら笑って過ごすほうが得!と思える曲。

12曲目
『Forever』
5年前の大失恋を思い出しました(笑)
結婚を約束していた彼にまさかのどんでん返しをくらい、寮の狭い部屋のベッドの上でアザラシと化してグダグダしてましたよ(爆) どんなに話をしてもどんなに説得しても何も変わらないならもういいやって思ったなぁ。すげぇなぁと思ったのは、恋愛において"きっと嘘なんてない だけど正直でもないんだろう"と自分では上手く言葉に出来なかった気持ちをこうしてサクっと言葉にしてることね(笑) この曲で好きなのはGuitarかな。あー、今うちにSG君がいたらかき鳴らすのに…。

つうわけで、全部で12曲。
限定配信の曲はあるけれど、シングルカットは確かないはず。なので、ミスチルファンにとってはなかなか嬉しいアルバムなんだろうけど(言ってみれば12曲全部新曲)。そうでもない人にとっては、ちょっと敷居が高いような感じもします。

全曲通して、


韻の踏み方が異常(良い意味で)


言葉遊びが本当に上手だなぁと思います。
ここは本当に桜井和寿に脱帽。



不満らしい不満は、


キーボード多すぎ


コバタケ、前に出すぎじゃね?
いや、彼はすごいと思うんですよ。なんでここでこの音へ飛ぶんだろう?このコードがここにくるの!?って毎回驚かされてますから。けど、HiRoはバンドサウンドが聞きたいので、桜井さんのソロが聞きたいわけではないわけで。。。 最近のライブじゃ5人目のメンバーかのようにステージに鎮座しておられますからね。Bank Bandっぽくなっちゃってるのが欠点な気が。。。 あぁ、もったいない。


既に書きましたが私の勝手な意見なので曲についての感想は主観しかありません。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。