神経抜いた:Part2
水曜日に

歯医者さんへ行った

HiRo

歯に詰められていた

金属をはずし

患部を削り

炎症を起こさないように

薬を塗って

白い詰め物で

仮にふさいでもらって

さぁ

おいくら???

受付してくれた日本人の方。

「目玉が飛び出ますよ。準備はいいですか?」

(笑)


お値段…





935ドル





ま、こんなもんだよね(リアクション薄っ!)

どっかのアメリカのサイトでRoot Canalの治療をした場合の平均的な値段を事前に調べていたのだけれど、その平均より低かったのでさほど驚かず(汗)  受付の方の話によれば、ここにクラウンをかぶせた場合も同等の金額だそう。ってことは、来週の治療費も入れて日本円でトータル約20万。ネットで見た平均の値段より1000ドルくらい低い。とは言え、虫歯治療に20万って"治療費すげぇ高い!!"って思うけど、先進国の中でも日本が異常に安いってのが事実。

保険がナイ留学生が今回やろうとしているのは、『海外医療保険制度』ってヤツで。治療でかかった費用をまずは自腹で払い、Drに記入してもらった申請フォームと領収書を後日、日本の役所へ提出すると、日本で治療した場合と同額(3割負担)の差額(要するに7割分)が戻ってくるって仕組み。

そう。
戻ってくるのは


日本で治療した場合の金額の差額


Root Canal(根管治療)って3割負担で2500円くらい?細かいこと抜きで、単純に計算して7000円くらいしか戻らんってことよね。

ちなみに、ここ米国。
保険アリで虫歯治療をしても400~500ドルはかかる国。だから、アメリカ人は虫歯予防に余念がないし、定期的に歯のクリーニングに行ったりします(学生(GA・TA)が加入する保険でも年2回のクリーニングは無料になってたりする:WSUの場合) でも、逆に保険に入る余裕がない人たちは、虫歯ができても放置。アメリカで歯並びが悪い=貧困層と言われるのも納得。

1月からのインターン。
半年でお給料3000ドル。
3分の2が歯の治療費で飛んでいくことになります。

ほっほっほっ(呆)

けど半年以上も虫歯放置できないし。
神経抜くほどの虫歯を放置してたら違うとこが病気になるわ。今年の夏もこの冬も日本へ帰国してないけど、2回帰国したと計算したらトントンか(おい)

あぁ、ただ今回の治療費。
レントゲン代は取られてません。
Drの計らいか、日本人の歯科衛生士さんの計らいか、レントゲン代は抜いてくれたの。3回もレントゲン撮ったのに!!!(診療中ガンガン撮るから、内心"これだけでもすげぇ高くなるよ。おい!!"って思ってた 笑)  これが含まれてたら1000ドル越えてたかもねー(恐) 日本語が通じて、日本とアメリカの相違についても理解している人がいるところで治療を受けるとこういうあり難いこともあるんだなぁ。


Secret
(非公開コメント受付中)

本当にアメリカの歯医者さんって高いね~。
私は日本の健康保険にも入っていないし(歯の治療の場合どうせ小額しか戻ってこないし。)、海外旅行保険も3カ月以降は歯医者は適用外なので、残り7カ月は歯医者に行かずにがんばりたいと思います!
mさん
歯医者に限らず、こちらは保険アリでも医療費が高いなと体感しています(Ophthalmologistにかかったときもけっこうかかりましたよ。保険アリだったのに)。私が行った歯医者さんはとても良心的だったので、平均から比較すると若干安く済んでますが。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!