MTさんと仕事
MTさん(Music therapist)と仕事って

自分も

MTなんですけどね(笑)

今週は、昨日のSupervisorのShadowingから

始まり、今日、明後日と

MTさんをShadowingです。


半年以上、MTの現場から遠ざかっていたので、こうしてSessionの場にいられることが本当に嬉しく思います。それに、なかなか他人のSessionを見ることは少ないので、どんなアプローチをするのかとでも楽しみです。

SupervisorのSessionは既に数回Shadowingしているんですが、他のMTさんのは今回が初めて。今日は日本人MTさんにくっついてお仕事を見学させていただいていました。

いやー
何がすげぇってさ。


英語ペラペラだったよ(そこか)
発音もアメリカ人みたいだったよ。


スタッフともふつーにコミュニケーション取れてたなぁ。
んでもって、手持ちのコマ(歌の数)がハンパない。
ほぼ暗譜してたし。Guitarも歌も上手。
Guitarに関して言うと、うちのガッコには
下手なヤツが多すぎるのが問題なんだけども(汗)


この仕事を初めて1年も満たないと話していたけれど、Clientやその家族から信頼されているように思えたし、いなくてはならない存在って感じだったなぁ。(この職場はMTを理解して必要としてくれるClientやスタッフさんが多いのでやりやすいと思う)


マイナス思考が人間の形して歩いているようなHiRoですから、MTの仕事っぷりを見れば見るたびに"自分にできんのかな?"と考えてしまいます(汗) 流暢に英語でコミュニケーション取るなんて少なくとも半年はやってないし(引き篭もってたため 汗)、手持ちの曲は恐ろしく少ないし、Guitarのネックは曲がってるし(それはカンケーない)。

いやね、
ちゃんと脳みそをNMTからHospiceでのMTと切り替えてやれば、なんとかなるとは思うんですよ。けど、こうして実際にMTの仕事っぷりを見ると、"訳わかんねぇ英語を喋って、ネクラで表情薄くて、心が乾いてる人間なのに大丈夫か?"と思うわけです。幸運にも、うちの相方は超プラス思考が人間の形をして歩いているような男なので、彼と話しているとそういうくら~い考えが消えていくんですが、それでも前向きに考えられない時もあったりします。そんな時は、Practicumで担当したClientsさんのことを考えることにしています。決して完璧ではないSessionだったけれど、それぞれのSesisonでの反応や私に与えてくれた言葉を思い出すと、英語が不得意なアジア人の自分でもMTとしての役割を果たせてきたんだって、本当に少しだけれどそう前向きに考えることが出来るので。

明日は朝からTeam meeting。
これが昼過ぎくらいまで続くんだよな(汗)
Meetingはとても大事なことなので眠くならないようにしなければ(まだ自分の担当Clientがいないので、ただ座ってひたすら話を聞くだけの約3時間。。。)

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!