いつもどおりの毎日を
大きな地震からだいたい10日ほど経ちましたが

アメリカでの報道はだいぶ落ち着いてきました。


あ、

久しぶりの更新です(照)

1人でClientさんに会うようになってから

忙しくなってブログを書く時間が取れませんで。。。

3月11日。
いつもどおり仕事へ行くために6時過ぎに起きてコーヒーをセットし、待っている間にニュースを見ようとテレビを点けたら、飛び込んできたのが津波の映像。破壊された街。何が起きているのかを理解するまでに数秒かかりました。私の家族はみな埼玉に住んでいるので被害はありませんでしたが、地震後の食料や燃料不足、なかなか落ち着かない原発問題などからこの先どうなるのだろう?と不安に思っている様子のメールが母親から届きました。

こうして離れていると何もできなことが歯がゆいですが、いつもどおりの毎日を送り、元気な笑顔で音楽療法を患者さんに届け、これ以上の心配をかけないようにすることが大事かなぁと思い暮らしています。Therapistが不安な気持ちでいると、Clientさんにそれが伝わってしまいますから。日本のことは心配だしニュースを見ると不安になるけれど、目の前のClientさんとその家族にそれは関係ないですからね。。。彼らにとって大切な人が人生を終えようとしている訳ですし。しかし、先週はどこのFacilityへ行ってもテレビで流れているのが地震のニュースばかりで正直心がしんどかったです(汗) 笑顔で!!と思っても、耳から入ってくる地震のニュースによって何度か心が折れました(滝汗) それでもやらないけんわけですよ。だって、Clientさんと家族から見たら私はTherapistなんだから。

そんな平日を過ごして、週末は買い物ついでにCafeで仕事をしてみたり、お気に入りのAvalonでお昼を食べてみたりと少しテレビやインターネットから離れた生活を送ってみました。

被災地の方もそうでない方もそろそろ精神的にきつくなる頃かなぁと思います。うちの母親のようにこの先を憂い不安になる人もいるだろうし、実際に津波の被害を受けた人の中にはPTSDのような症状が出る頃ではないかなぁと。 自分は臨床心理士ではないですが、音楽療法でも精神疾患を扱うので少しだけ専門っぽいことでも。

不安になったらまず深呼吸。
ただの息の出し入れとあなどってはいけません。
けっこう気持ちが落ち着きます。
ゆっくり息を吸ってそれと同じくらいの時間をかけて吐き出します。体の中からモヤモヤや不安な気持ちを吐き出すイメージで。暗いところや静かなところに不安を感じなければ、目を瞑って静かなところでやるとなお良いです。出来るならリラックスできる状態で。椅子に座っていたり横になっていたりしてるといいでしょうかね。


最後になりましたが、震災にあわれた方にお見舞い申し上げ、亡くなられた方、また、ご家族を亡くされた方にはお悔やみ申しあげます。



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!