レパートリー
インターン中の課題として

『毎週3曲新しい曲を増やす』

ってのがあって、

毎週木曜日のSupervisingの後は

次の課題曲探しがメインになっています。

働いているのはHospiceなので年齢もさまざま、、、と言いたいところなんですが、うちのテリトリーの患者さんはほぼジジババ。なので、普段使う曲はどうしても古い曲に偏りがち。レパートリーが増えるように課題曲は選ばないといけません。練習し始めた頃は、自分のテリトリーしか行っていなかったからHymnや古い曲が多かったけれど、IPUへ週1で行くようになってからは70年代~90年代の曲もやるようになって幅が広がってきました。IPUは比較的若い年齢の患者さんが多いので、20年代~40年代の曲だと使えないことも多いんですよねー。で、IPUの特徴として他に挙げられるのが、African Americanの患者さん。IPUがある病院がDetroit市のせいか、利用している患者さんはAfrican Americanがほとんどです。ちなみにうちのテリトリーの患者さんは100%、Caucasian。 


よくリクエストを受けるのがやっぱりMotown music。
Practicumで受け持ったGeriatricのPlacementにはAfrican Americanの方はいなかったし、それ以外はSchool settingだったので、Motownを使ったことはないわけで(汗) ボスに聞いたり他のMTさんに聞いたりして少ずつレパートリーを増やしているところです。なかなか良いのよ、Motown music。 "Stop! in the name of love"とかGuitarでやってみたけどけっこうイケますよ。

ただ
よし今週はこの3曲だ!!
と思って決めた曲が、Motown music・Italian song・Jewish songなんて組み合わせだとなんだか胃もたれしそうだなぁと思ったり(笑)

今週は90年代~最近の曲を課題曲にしてみようかなぁと。
"I don't wanna miss a thing"(Aerosmith)とか。
歌うのしんどそう(笑) 

StevenはやっぱすごいVocalistだよね。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!