2012。
あけましておめでとうございます


”ゆくとしくるとし”をぼけーっとながめていたら

年が明けていました(汗)


2011年を振り返ると、、、

昨年はインターンシップから始まった1年でした。
お友達と賑やかに2011年を迎え、休む間もなく3日からインターンシップ開始。

初めてのHospiceでの臨床で、内心ドキドキしながらのインターンシップ。大学できっちりコースワークを終了し、2年間のPracticumでもそれなりにClientさんと良好な関係を築くこともでき、MTの卵としてやっていけてたとは言え、Clientにとっても家族・友人にとっても大事な"最期の時を迎える準備"に、自分はMTとしてきちんと向かい合い関われるのか???と不安に思いながら始まった2011年。

HiRoはSelf-esteemが異常に低いので(汗)、インターンが半分終わってもまだ自信がなく、1人でClientを訪問しろって言われたら訪問は出来るけど、正直どれだけの質のSessionが出来るかどうかはわからんって感じでした。まあね、わかんなくても自信がなくてもやらなくちゃいけないんだけどさ。

けど、演奏技術云々や英語力が低いとか、そういうことより目の前のClientとその家族・友人の気持ちやその部屋や彼らの間に漂う雰囲気・空気を読み取ることさえ出来れば、それでいいんだって。笑ったり、涙を流したり、怒ったり、その全ての感情に音楽と共に寄り添い、それぞれのGoal/Objectiveに沿って音楽療法を施せれば、それでMTはMTとしての役割を果たしている(Hospiceの現場では)ってことに気がついてからは、インターンシップ後半は自分の弱みよりも強みを出せるようになったかなぁと。職場のMTさんたちからSuperviseを頂いたり、RN、Chaplainと仕事をすることで彼らの視点からのSessionに対する評価を頂くにつれ、徐々に自分の低いSelf-seteemが上がってきた感じだったかなぁ。

日本の音楽療法科のある大学や専門学校で実習やインターンシップがどんな風に行われているかはわかりませんが、アメリカではインターンシップやPracticumで良いMentor/Supervisorに出会えるか否かがMTとしてのまた個々の心の成長に大きく関わっているのではないかなぁと思います。 私は、複数いたMTからそれぞれの良いところを頂いて、Hospiceで働く者の倫理観や哲学はMTはもちろん、SW、RNらの影響も受けて、インターンが修了したという感じがします。


そして、8月末。
悩んで悩んで、日本へ帰国。
6年近くのアメリカ生活が終了。
日本で家族と過ごす日々。
家政婦状態生活Start(笑)

日本で学生をやってた時も1人暮らしだったので、実家で暮らすということが恐らく10年ぶり?くらいなので、年内はCBMTの準備もあったのでのんびりと過ごしていました(汗) 2回もCBMTに落ちてしまってまだMT-BCではないけれど、幸か不幸か日本では資格がなくともどうにかなってしまうのが音楽療法士って職業。アメリカで学んだ5年半は何処へ出しても恥ずかしくない内容だし、半年のインターンシップでも"HospiceのMT"という貴重な経験があるので、試験に落ち続けた結果、Self-esteemは再び急降下しているけれど(おい)、今まで学んできたこと・経験・出会い、全てを自分の強みとして2012年は、ちょっくら音楽療法が出来るようにしてみようかなぁと思っています。(CBMTの勉強も地味にしつつ)


2012年の武器はNMTとHospice経験!!!


履歴書は書いた!あとは送るだけだ!
日本の学校出てなくて、日本の資格もアメリカの資格もなくて、アメリカでMT勉強してきたってだけで採用されるかは未定だけど、日本の音楽療法の世界を知るためにもとりあえず出してみっか的な(笑) 


Secret
(非公開コメント受付中)

おくらばせながら
あけましておめでとうございます。

年が明ける時に起きてただけ、まだマシよ。
私は、31日の21時くらいにうっかり寝てしまって、
起きてみたら、早朝3時前だったからね。

私は、クリスマス直前から年始にかけての約10日間、
旅客機に搭乗しまくりました。
(合計13区間w)
飛行機に乗るのが目的の旅行でしたw
(もはや“旅行”とは言えんなw)
今年もよろしく
俺様
明けましておめでとう。
”あれ?年越してる!?”って感じで2012年を迎えたよwww まあ、一時帰国での年越しはたいてい風邪ひいてたりしてたから、それに比べたらだいぶ良いかと(笑)

はー、13区間!!! 飛行機に乗って帰ってっていう旅行でしょ???特に現地で観光するわけでもなく。無駄にマイル貯まるな。
飛行機で味わうケツの痛みは悦びです。
ちなみにですね、
カラマズーとバトルクリークも徘徊しました。
WMUのキャンパスの西側?
セブンイレブンがあるほうの出入り口付近に、
新しい建物が建ってて、景色が変わってました。
新しいアパートみたいね。

君の地元では、留学前と留学を終えた後で、
大きく変わった景色はあるかね?
俺様
そうそう、あの新しい建物は大学のアパートね。Fall '11から入居できるようになったんだけど、新しいだけあってお家賃は高めらしいよ。
うちの地元なぁ。。。 新しく家が建ってたりはするけど、大きな変化はないかな。あー、駅にようやくエレベーターができてたわ。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!