他人のSessionをObservation
昨日は

他人のSessionをObservation(見学)

してきました。

えぇ

まだ喉が本調子じゃないのに(汗)

都内まで出かけたわけですが、バッグには医薬品ののど飴(トローチ系)、暖かいお茶(アメリカで使っていたWater bottle大活躍www)、ミント。だいぶよくなったとは言え、喉が詰るような違和感を取り除こうとするせいか、発作のように咳が出続けたりするので、まだ油断ならなかった昨日。

今日はだいぶ良い感じですけどね。
いがらっぽさは多少残るものの、普通に会話が出来るようになってますし。ま、まだ声の質はガラガラだけどwww

で、
昨日のObservation。
日本の音楽療法士さんのSessionを見学するのは初めてでした。

基本的にはアメリカと一緒やったかなぁ。

なんとなく違ったのは、多分アメリカが全員巻き込み型だとしたら、日本は全員問いかけ型みたいなところ? うちら、グループセッションだと円になってお互いの顔が見渡せるような感じでやってたんですよ。その方がMTもClinetとコミュニケーション取りやすいし。もちろんSessionを行う場のキャパもあるから断定はできないけれど、昨日訪問した所では列を作ってのSessionだったので、なんだからPresentationとか何かのShowみたいなイメージ。

とりあえずね、
レパートリーを増やさんといけんよね。
母国語だからMemorizeもそんな大変じゃないじゃろ。

そんなことより、多分


Goal/ObjectiveナシでのSession Planつくり


に慣れるか否かも重要かも。


マジなんなんよね、これ。
うちの教授様らが聞いたらきっと目ん玉飛び出ちゃうよ。

でもね、アメリカみたいな音楽療法をしたいなら、1割(常勤のMT率)に入らないと無理らしいので。そしてその1割とやらにはけっこうな数のMT-BCさんがいらっしゃったりするwww 皆さんにあやかりたい・・・(マジで)


Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!