同居人(?)
二月くらいから

一緒に住んでるモノがいまして。

ここ2、3ヶ月くらい見かけていなかったのが

最近でてきました。





アシダカグモ。


田舎生まれの田舎育ちですが、実物を見たのは初めてでした。
Phobiaの方もいらっしゃるので画像は張りませんが、なかなか彼らは立派なお姿をしてらっしゃる。こうなんつうか、突然出くわしたら間違いなくこっちも(人間)ビビるよねってくらいな大きさで。ただ、大きい割りに人間に対しては非常に臆病で、人の気配を察したら自ら逃げていくって話なので、むやみに怖がるもんでもないらしいですが。その上、憎きゴキブリを捕食し獲物がその家からいなくなるとスーッと他所へ行くというなんともクールなヤツらしいですね。

とりあえず、2月に一匹見てからしばらく姿は見えなかったのだけど、5月ごろに再び現れてからと言うものほぼ毎日姿を現すようになりました。素早く異動するので、さっきはリビングにいたのに今はもうダイニングの方にいるよなんてことは日常茶飯事で、何も疑わずに1匹だけ存在していると思っていたのですが、ある日、どう考えてもありえない時間差で2度の目撃。


MA・SA・KA!?


旦那さんに頼んでお互い同時に確認してみると、案の定さっき見かけたのとは別の個体。


2匹いたYo!


まあ2匹くらいなら特に問題ないかとこのまま共存の道を選んだ訳ですが、危害を加えない種類のクモだと分かっていても、突然現れるとやっぱり肝を冷やすわけでして・・・(汗) とは言え、アシダカさんに"今洗面所にいるよ!"とか言われても困るわけで。どこかに潜んでいるかもと思いながら生活しないと心臓が持ちそうにありませんwww

そのうち、エサがなくなったらうちの2匹も他所へいくのかねー?





Secret
(非公開コメント受付中)

僕の家にも、クモいますよ!
でかすぎるのも、年1回ぐらいでますが、ほとんどが小さいやつなので、
放置プレイです。
ま~さん
ま~さん
大きさがちょっと恐怖だけど、益虫って聞くと追い出すのも可哀想かなって思ってしまいますよね。ゴキブリの天敵ってのはありがたいです。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!