無事に
先日、
第二子となる
女の子を出産しました。

どーん!


予定日より10日早い出産だったけれど、体重は2600gあり、産声も元気いっぱいでした。1人目の時は軽い生理痛みたいなものから始まったのだけれど、今回は前回と全く違うお産で焦りました。。。


出産当日。
やたら朝からお腹が強く張り、でも動けないわけではないので普通に生活してたんです。買い物も行って、お昼も作って食べて。でも、なんかこの張りが普通ではないような気がして、“どーせ、病院に連絡して一応診てもらったとしてもまだ産まれないよーで自宅に帰らされるよな“と思いつつも、午後の診療が始まる頃電話してみようかなと思っていたところでした。“ずんっ!”とお腹で何かがはまった感覚、その後すぐにバシャー!


破水しました。


流れ出る羊水。
焦る私。
落ち着かせようとする主人。
親のパニックを見て喜ぶ小坊主。


カオスでした(笑)
光の速さで産院に電話をし、主人の運転で向かいました。すぐに先生が内診。結果、子宮口3cm。“は?まだまだ産まれないじゃん”とこの時は思いました。ええ、この時は。破水してるんで入院は決定。この時点では強い張りはあるものの、特に痛みはなく、表現するならお腹が破裂しそうな感じの苦しさ。陣痛室へ向かい、着替えている時も止め処なく流れる羊水。「痛くないけど張りが強くて苦しいんです」と繰り返す私。「痛くないって?陣痛きてないのね?」と怪訝そうな助産師さん。NSTを録るからと機材を付けようとしたあたりで、突然襲ってきた痛み。それもMAX。壁、破壊したくなるあの痛み。焦る助産師さん。「かなり辛そう!これ次の陣痛の間で分娩室いこう!」と促され、さささと移動。血圧やら血液検査やらもろもろの検査全てすっ飛ばしました(笑) “さっき3cmだったんだから、こんなに痛いけどまだ産まれないよな”と分娩室に入っても思っていた私。「呼吸止めないでね~。深呼吸続けて~。もう産まれるよ~」


はい?!


産まれるって何?頭見えてるとか訳わかんないんですけど。いきんだほうがいいの?え、いきむなって?いきまにゃ産まれて来んだろ?は?いきんだら飛び出るて?うわ!ほんまや!頭見えたわ!


「産まれたよー!おめでとー!」


なんだと…?


産まれました。第二子。産んだというか出てきたという方が正しいか。この間、主人と小坊主は陣痛室で待機していたのだけど、「産まれたってはやっ!!」と思ったそうな。後産の処理をする主治医のせんせ、「いやー!スーパー安産だねー。自宅で産まれなくて良かったよー!病院来てくれてありがとね」と。そうか、そのレベルなのか。体感では陣痛室~分娩室~出産まで1時間くらいだったんだけど、時計を見ると30分くらいしか経ってない。。。処理をしてもらっている間、「痛みを感じたのって、病院着いて内診後だよねぇ?」と助産師さんから聞かれ、「そうですね、陣痛室来て着替えが終わったくらいでしたね」と。分娩時間って、陣痛が初産婦なら10分感覚、経産婦なら15分間隔になった時からカウントされるんです。なので自分の場合、痛みを感じたのが分娩室へ入る前あたり。そして退院時、母子手帳と照らし合わせながら説明を受けて、目にする分娩時間。




27分




教訓
『強い張りがなんとなく定期的に来てたら産院に電話してみるべし』





Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!