Major: Music, Music Therapy
本日は12時から心理学の試験。

昨夜は、4時までやって5時間寝ようと思っていたのだけれど

頭痛に負け3時に就寝。

で、8時起き。

気持ちとしては7時には起きたかったけれど

これも頭痛による妨害を受け断念。

体調よくないなぁ…。
寝てるんだけどね。
眠れない夜が続いていた先週と比べたらよく寝てます。なんで頭痛してたんだろうなぁ。。。気付かぬうちにストレス?いやいや、そんなことないと思うけど。そんな現在も少し偏頭痛。ふぅ、なんだかいまいち。

今夜はとりわけ急ぎの課題もないからのんびりしようかと(しなきゃいけないものはあるけれど…)。ま、試験の後の夜はたいてい気が抜けてふにゃふにゃになってますが(笑)

早いもので後2週間もすればSummer1も終わり、日本へと飛ぶことになります。で、2ヶ月経てばまたFallが始まる。。。夏の間は学部にも人がおらず、とくに今日からMusic Festivalがあるので友達のピアノ科の子のほとんどがそれに行ってしまったのでPractice roomからも聞きなれた音は聞こえない。Academic yearは隣でMaki亀さんの音が聞こえたり、Nateの音が聞こえたりして、みんなの演奏はいい刺激になって練習にも気合が入るのだけど、夏は静かすぎてなんだかつまらない。Nateのうるせぇピアノですら恋しくなるよね(笑) 当たり前だけど、練習後に廊下へでても絡む相手も絡んでくる相手もいない。Spring SemesterはほとんどDalton Centerで生活していたし、そこに行けば友達もいたから、なんだか今のDaltonはすげぇつまんないっすね(笑) 2セメを終えて、ふと気付けば立派なSchool of Musicの学生になってる自分。ピアノの技術は相変わらずですが…(笑) 

うちはすべての授業がDalton Centerで行われて、他の学部の子みたいにBuilding間を移動するってのがないせいか、名前は知らなくても顔は知ってるっていう子が多く、友達の紹介とかで知り合いも増える。ま、HiRoはここでもよく言っているように人見知りが激しいので友達は少ないですが(笑) まだ学部へ入る前、同じ寮にいたアメリカ人の女の子から「音楽学部は高校みたいなのよー。移動がないし、自分のロッカーもあるし。」って言われたけれど、まさにその通り。自分はアメリカの高校がどんなんかは知らないけれど、でも、Daltonはそれだけでひとつの学校みたい。図書館・PC Lab・Recital Hall完備だし。みんなPrivate lessonを持っているから自分の担当教授とも仲がいい。うちのStudioなんてパーティーすると先生の彼氏まで付いて来るからね(笑) HiRoは音楽以外にTherapyもしているけれど、もともと生徒数が少ないせいかTherapyの教授もすぐ名前を覚えてくれてすごく親切。Therapyの生徒もみんな優しい。SpringはMirkaやGretchen、Jasonに頼りっぱなしだったなー。3人とももうPracticumに入っていたから知識が豊富で、自分もそうなれんのかなぁ?って思ってました。3人は「大丈夫だよ。ちゃんと頑張ってるんだから」って言ってくれたけれど、どうでしょうね(笑) 

もっと英語力伸ばさなきゃだし、ピアノの腕もまだまだ必要だし、不安要素は腐るほどある。ホント、考えただけで吐き気がする。


英語。
こいつはマジで問題。


自分のClientはアメリカ人になるわけで、言葉が出来なきゃSessionができん。もうすぐ1年経つけれど、1年いてこの程度かよっていうレベル。テレビ見てもぶっちゃけ聞き取れてないし、しゃべりもいけてない。ここは性格の問題もあるかな(笑) 仲良くなるまで話せないからねぇ。CELCIS(語学学校)時代は英語に集中してたし、授業後はとっとと宿題終えて、残りの時間はTOEFLに費やすってことをしてたけど(そうでもしないと大学に入るのなんて無理。ってか、CELCISの宿題で悲鳴あげてたら冗談抜きで無理)、学部へ入ると自分の専攻科目やるのに手一杯でそれ以外に英語の勉強なんて不可能。他の学部の子が見たら「いやぁ、出来るだろ。甘えんなよ」って言われるかもしれないけど、反論(笑) 自分、1日4時間ピアノの練習しなきゃいけないんすよ。空き時間に課題をちょこちょこやりつつ、授業後は練習して、授業の予習して、なんてやってると1日24時間じゃ足りねぇの。マジ。Springに関しては忙しくて人と話さない日もあったりした。世の中には自分なんかよりもっと大変な思いをしてる人もいるからこんなのたいしたことじゃないんだけどね。

Summer1は時間があるから、英語の勉強もちょこちょこやってるわけで、帰国してもこれは続ける予定。バイト三昧になるだろうからどんな生活になるか想像できないんだけど、音楽療法からも離れたくない。ホントに夏はTherapyから離れてる。離れすぎだよってくらいね。先輩方のお仕事の様子とかをブログで読むたびに勉強になるし、考えさせられるのだけど、人のを見てるだけじゃなくてやっぱり自分もTherapyに触れていたいなって思う。夏の間、日本で講習会とかあったらマジで行く気満々。近場のしか行けないのが悲しいですが。日本の音楽療法のことも知っておきたいし、2ヶ月も帰国するわけだからこんないい機会はないよね。





腐っても自分の中のMusic Therapyの火は消さないようにしたいなぁ。


Secret
(非公開コメント受付中)

小論文並みになりますた
他の学部の子が見たら「いやぁ、出来るだろ。甘えんなよ」って言われるかもしれないけど、反論(笑)---

ってそう。けっこう音楽専攻ってさ、ああ、好きなことやってて単位もらえていいねーって思われてるところあると思うんだよね。言われた事はないけど、たぶん。(っていうか自分でも時々思うし)でも、特に練習とかに終わりはないからねぇ。もっと上手くなりたいし、やる気の時は練習時間全然たりなくて逆にストレスたまるんだよねー。(そして時間はあるけどやりたくない時もストレスたまる。)そんなこんなで音楽専攻(アートもかな?)は以外にけっこうキツイよね(笑)自分が上に上にっていう意欲があるうちは。化学の教授が音楽を趣味(?)でバッチェラーとろうとしてて、こんなに大変な専攻ない!って言ってたらしいよ。なんか、何するにも時間がかかるんだよね。

あと英語。そっかひぃーはオレとかみたいにテキトーな英語じゃだめなのか!? 大変だなぁ。。。
でもさ、外国語はなんか、生涯勉強って感じだよね。みんな(アメ人)が20年間培ってきた語学力を3,4年でとかは無理だかんね(笑) だからあんまり心配しなくていいんじゃないかな? 自分のオフィスができた時にも電子辞書は肌身離しません!みたいなね(笑) もぅ語学のハンディーは外国人である以上なくならないよ。おれ今でも、友達同士でさえも意思疎通が困難なこと多々あるしね。特に電話の時と大声で話すとき。

逆にアメリカ人じゃないっていう、他とはちょっと違うよってのを売りにすればいいんだよ。 おもしろいんだよ。やっぱねー、おれとジョンが書く音楽ってぜんぜん違うんだよね。聴く音楽は結構同じような嗜好なのに。でもお互いがお互いのをすごく気に入るから。だからひぃーも将来自分のオフィスとか持ったとき、友達のアメリカ人セラピストから、Hiroはなんでそういう発想がでてくるかなぁ?すごい!ってなるんだよ。特にこのアメリカの地で、そういう人と違うってのはおっきいんじゃないかしらん。
Step by step
だいじょうぶさ~~。あんまり焦らないでゆっくりがんばってね!そうそう、ITUNEのPODCAST機能知ってる?日本語でも英語でもかなりの英語学習番組があるよ!!日本にいる間リスニングを鍛える事も可能さ~。私も、毎日車の中で聞いてます。
セラピストになっても、英語はまだまだ!!なので毎日がんばってます~。
ありがとうございます
Yudaiへ
あはは。
いつにも増してコメントながいな~。Yudaiらしくて
よろしい!!!(笑) さすが、音楽専攻。苦しみが
共有できますねー。もうさ、何度弾いてもうまく
弾けない時もあるし、でも練習はやめられないし、
結果を毎日出さなきゃいけない中で、上を目指して
やりすぎて手を壊したり(あ、私だけか、それ。。。)
色々ドラマ満載の学部ですよ(笑) 

生まれてから英語しかしゃべってない人種と言葉で
肩を並べるなんて無理なこったね。もともと英語は
やってたけど今までいい加減だったツケが今の
状態(笑) 大学時代、別に英語力伸ばそうとか
思ってなかったもん(いいのかよ、そんな
外語大生で…。) でも変なとこ完璧主義だから
悩むんよね~。うぅん、スパイラル(笑)

YAYAさんへ
励ましありがとうございます。
もー、何故、比較的暇な夏に焦って悩んでいるの
か?(笑) 課題曲はなかなか弾けないし、英語は
単語を覚えたそばから抜けてくし。ピアノに関しては
残りの2ヶ月でStudioで弾けるようにしろって
そんなん無理じゃ!!!と叫びたい気分です。。。

ITUNE、と、いうかI Pod。このご時世に未購入(笑)
と、いうのも今のPC、かなり古いのを使っててメモリ
はほぼいっぱいだし、立ち上げると変な音するし、
IPod買う前にPC買わなきゃじゃない?っていう
状態なんですよね…。買い換えたいけど、お金が
ない。節約に節約を重ねても減っていくお金たち…。
誰かパトロンになってくれないかなぁ(笑)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!