Hell Semester
朝から部屋のブレーカーを落としましたHiRoです。

はい、容量考えずにいろいろつけすぎました。

as soon as possibleって言ったくせに復旧したのは

1時間後。アメ人の"出来る限り…"は信用しては

いけません。

朝から問題を起したものの、普通に授業には間に合い、1限目はBasic MusicII。Theoryです。今日は先セメの復習だったんだけどこれがおもしろいくらいに忘れていまして、半分くらいしか覚えてなかった自分にビックリ。それでも、教授の説明聞けばなんとか思い出せる部分もあったけれど、正直これじゃか~なりまずい状況。


それもそのはず

夏の間、一切楽典になんて触れてない(笑)
同時に、ピアノもろくに弾いてない(笑)


日本にいる間、楽典の本を買おうと思っていくつか手に取ってみたけど日本語じゃもっとわかんなかったから結局購入せず。長三度ってなんじゃい、Major Thirdでいいじゃねぇかって理不尽なことも思ったし(笑) はい、自分勝手です(テヘッ) とにかく音楽から積極的に見を遠ざけていた日本滞在。問題ありまくりです。だってさー、なるべくstresserのない生活をしてたらそうなったんだもん。おい、School of Musicの人間が音楽がストレスってどうなんだよ。。。ね、自分でも重症だと思います(アハッ) 唯一やってたことって音楽療法のテキスト読んだり、文献読んだり、『月間音楽療法』的な月刊誌読んでみたり(記事はなかったけど尊敬する先輩:YAYAさんの名前があってびっくり。すげぇよ、先輩!!) 

とりあえず、金曜日の授業までにざっと復習しとくかぁ。全部忘れてたわけじゃないのがほんとに救い。

2限目は専攻のMusic Therapy。Therapy Activities/Childrenってヤツ。自分のメインにしたいPopulationはChildrenだからこの授業はけっこう楽しみだったんだけど、なんせ課題が多い。最初の課題は5歳~10歳向けの絵本を持ってきなさいって。絵本。。。日本だったらすぐ見つかるけど、アメリカの子どもが読む本なんて知らないよ~。『おさるのジョージ』くらいだよ。あ、『どろんこハリー』とかもいけるかなぁ…?すぐ頭に浮かんだのは『はらぺこあおむし』だけど、これって対象年齢が低いよね。留学生にとってこういう課題は何気に難しかったりします。それでも、知ってる子がクラスにいるし、気に掛けてくれる子もいるから本当に助かる。今セメは死ぬほど忙しくなってもわからなくなったらすぐ教授とコンタクトとろう。。。これ以上GPA下げたくないしな。

その後のMusic HistoryIIはなにも問題ナシ。
みんなDr.Steelのことをクセがある教授だって言うけど、そうか???ま、変わってる人なんだろうなぁとは思うけど、もっとひどい教授は日本にだっているぞぉ。うちの大学で言えば倫理の三宅。まだ教えてるのかしらんけど、彼はすごい。授業中に学生をネタにすることなんてしょっちゅうだし、テストにはいやらしい問題出すし。賢い人ってのは分かるんだけどね(苦笑) 

とりあえず午前中あった4つのうち3つの授業は大変なものもあるけど問題なさげ。やる気と努力次第って感じ。先生も知ってるし、どの教授もみんな親切だし。問題は、午前中最後の授業だったVocal Technique。Therapyのプログラムで必要なんだけど…、教授と合わなそ~~~~~~。直感的に"合わないかも。。。"と思ったのは久しぶり。。。課題もけっこう出たけど、その課題もいまいちよく意味わかんないし、そもそもシラバスにOfficeとかe-mailアドレスとか書いてないし。Office Hourだけ書いてあってもあんたのOfficeどこだよって感じ。自分で調べたさ。学部内にある掲示板みたいの見て。あー、この授業が1番しんどくなりそうだなぁ…。ふぅ。ま、でもやるしかないっす。

午後はConvocationの後、16時からConcert choirこれが大問題だった。本来この授業は大学院生が教えるのだけれど、今まで教えてた人が卒業してしまって、教える人がいないらしい。で、閉講にしたいから他のChoirの授業に出来れば移って欲しいと。。。はい、そんなん無理っす。スケジュール考えて登録してんだっての。空き時間なんてないしさ。これ以上、コマ数が増えたらピアノ練習する時間なくなる。実際、今日だって結局1日練習できなかったんだよ。空き時間は課題の調べ物とかしてたし。。。つうか、教える人がいないなんて学期が始まる前からわかるじゃん。最初からキャンセルにしてくれれば予定だって立てられたのにさ。こういうとこは本当アメリカらしい。とりあえずどうするかはまだ決めてなくて、アドバイザーと話し合わないと自分じゃ決めかねます。。。残り3セメ取らなきゃいけないから、他のChiorを勧められそうだけどムリムリ。スケジュール的に無理。それにこれ以上忙しくしたくない。。。今でさえもういっぱいいっぱいなのにさぁ…。Dropできる期間が決まっているから早くアドバイザーと話をしなきゃ。

と、こんな感じの2日目。

さすがに午前中に4コマもあると午後は疲れてしまって頭が働かなくなるせいか英語がわからなくなる。けっこう必死に聞かないと授業は意味不明。しゃべる時も変な間違いが多くなるし。はー。。。凹むわ。。。所詮まだ2年目。ペラペラしゃべれんでも仕方ないか。それでも変化してるんだし。。。


しっかし疲れた…。
自分、目の白いところが微かにブルーなのだけど、疲れてくるとここの色が濁ってきてひどいと充血になります。今日はその現象が午後にはでてた。遅くまで勉強とかって出来ない。。。おかしいなぁ、睡眠時間3時間でも生きられる人間のはずだったんだけど。まだこっちに戻って来て1週間くらいだからかなぁ?

明日までの読まなくきゃいけない文献を軽く読んで、読みきらなくても寝ようっと。しんどすぎで死ぬわ、これ(笑)

Secret
(非公開コメント受付中)

いよいよ
いよいよ新学期が始まったね~!体には本当に気をつけて(でも、やらなきゃどうにもならないことはすごくわかるので)がんばってね!
懐かしい授業の名前や先生の名前が出てなんか、学生時代思い出したわ~。STEELは確かに癖があって、アメ人はブ~ブ~文句言ってたけど、NON-WESTERNの音楽に興味のある人で、日本にも行ったことがあるって、私にはすごく良い先生だったけどな~。きっと、ひろちゃんの弾ける東洋の楽器(なんだったっけ?)の事話したら興奮するかも~!彼の授業は確かに難しい!!!けどね。。。
THERAPYのクラスはエドかな?彼も最近は留学生のことを気にかけてくれてるみたいだし、きっと質問攻めしたら助けてくれるさ~。もちろん私にもいつでもメールしてね~。ちなみに、絵本は3つともいけると思うよ~。

ありがとうございます♪
YAYAさんへ
はーい、新学期始まりました。
今年はTherapy専攻の留学生はいないみたいですよ。
しかも、私の同期の韓国人の子はCelloにしぼろうと
してるっぽくて、雰囲気的にアジア代表はオイラだけに
なりそうです(アハハ…)
 
今セメは "なんですかこの授業の数はっ!!!"って感じの
学期です(笑) Thearpyはエドですよ~。ブライアンが書いた
本がテキストです♪絵本のことありがとうございます。
メールして聞いてみようかなぁと思っていたので助かりました。

お仕事、ご無理なさらないようにしてくださいね。
子供の絵本
私も子供の絵本を持ってこいといわれて閉口した覚えがありますが、Waldo図書館とEducation図書館に其々、子供の絵本ばかりを集めたコーナーがあります。
結構面白くて、探しに行った日は一晩中子供の絵本のコーナーで立ち読みしてしまいました。たぶん、ミュージカルだか、音楽劇だかを作るためのたたき台にするための絵本でしょ??WMUの図書館、結構色々、面白いものがありますし、充実していますよ。司書の人にChildren Booksはどこか?と聞けばどこにあるか教えてくれるはずですよ~~~~がんばってね。
おひさです
Sayoさんへ
シラバス読んで"うわー、どうしよ"って思いましたよ(笑)
でも小さい時にいろいろ絵本を読んでもらってたから
わずかながら好きな本が浮かんだのはLuckyでした。
Waldo Libraryの絵本コーナーは知ってましたが、
Educationの方にもあるんですね。エドがMusic Libraryに
置いてあるって言ってたTherapyのテキストが何故か
Educationの方にあったので、それを借りにいくについでに
絵本コーナーものぞいてみます♪
絵本。
ちょっと遅いかもですが・・

自分、現役でその時アメリカの絵本読んでるもので・・あと大学でもちょこっとやってたし。
腹ペコあおむしは1stgradeかkindergardenの時に読んだ覚えあるんで普通にオッケーだと思いますよ!絵が色が鮮やかでよいよね!!子供はみんな大好きですよね!
あと、今でも覚えていて定番ベストセラー的なやつだとWheretheWildThingsAre(日本語訳:怪獣たちのいるところ)とかTheMissingPieceとその続編(タイトルは覚えてないや。。)、あとTheGivingTreeなんかが素敵です。WheretheWild~は、子供の心理がうまく画面で表現されてる、らしい。教授によると。。小2当時のクラスメートには人気あったけど、自分はあまり好きでなかったんだよなぁ・・
まぁこの辺は超・有名どこなんで知ってるかな??

以上。
家にある大量のアメリカ・イギリスの児童書の処分に困ってます。。
ナルニアとかRoaldDaulとか大好きだったし。。

さすが!!
anriへ
帰国の間は会えなくて本当にごめん。
次に帰ったら、また連絡するよ。

本のことさすが。そういや、現役で読んでたんだったっ!!
『怪獣たちのいるところ』日本でも人気あるよね。保育園の図書室に
あったような気がする。。。結局、自分が小さい時に読んでもらって
好きだった本にしたよ。『Harry, the Dirty Dog』。海の話も好き
だけど、どろんこの方で。anriは大学でも勉強してたっけなー。
私は、ガッコで米文学はやってたけど、児童文学ってやってなかった
もんで、ホント未知の世界。そもそも、大学に児童文学専門の教授が
いなかったけど。色々教えてくれてThank you!!! すげぇ為に
なったよっ!!!
やー。日本のは仕方ないよ。
また今度会いましょ♪

やっぱ自分の思い入れのある本が一番だからね!

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!