愚痴を聞くのも楽じゃない
6時起床。

7時に学部へ。

と言いたいけれど、印刷しなければならないものが

あったことを思い出し、PCルームへ。

そんな訳で学部には7時半到着。

朝からピアノの練習。
昨夜は3時頃就寝。
が、寝付けずウトウトしながら朝を迎えた気がする。
朝なんだか夜なんだか体が分かっていない。。。
問題あるな。この感覚麻痺状態。

まだ暗いうちから部屋を出て、月曜が始まる。
8時からの授業はTheoryの中間試験。たった紙切れ一枚のためにたっぷり50分かけてやった。。見直しもしてアホなミスがないか確認して。。。欲は言わない、C以上取れてりゃ上出来。次の授業はTherapy。今日は講義だったから聴いてるだけだった。今はNMTについて。NMTが学べるってのはうちのガッコの特色らしい。つうか、そんなんこっちにくるまで知らんかった。多分、日本にいるほとんどのMusic Therapy専攻希望者はどこの大学がどの分野に強いかとか力を入れているかとか知らないと思う。どこの大学でMusic Therapyが学べるかはAMTAのサイトで知ることが出来るけれど、それ以外の情報が少なくて大学を選ぶときに困ったことを覚えてる。結局、自分の場合は願書申し込み時に必要だった課題曲が弾けるかどうか、Adviserの対応の早さ、あとは比較的早い段階でMusic Therapyの専攻を設けてたってことWMUにした。他に考えてた大学はアリゾナ州立大とカンザス大(だったかな?)。アリゾナの方は課題曲だった近代の曲が間に合わず、カンザス大は求められる単位数の数が多くて4年は厳しいかも、、、と諦めた。そう、受験しなかったのはたいした理由じゃなかったりする。。。もし大学ごとのTherapyの特色を知ってたら選択は変わっていたかもしれない。でも、WMUで良かったと思ってる。W教授に出会えたのって大きいかもな。直接指導を受けているわけでもないしただ講義を受けていただけだけれど、彼のバックグラウンドを先輩から聞いてから、この人ただの穏やかなおっちゃんじゃねぇやって(笑) やる気と自分の努力で道は開けるってことを彼の存在が証明してる。

壁が高いと見上げて途方にくれるよりも、少しでもその壁を崩すにはどうすればいいか考える方が賢明だ。出来ることよりも出来ないことの方が多いのだからいちいち凹んでても仕方ない。出来ないと悲観するよりも、出来たことがどんだけ増えてきたかを思いだせば、自分のしてることは間違いじゃないって思えてくる。

と、階段へ続くドアのところでおもいっきりW教授にぶつかり、そんなことを考えました(笑) 教授、すみません。。。つうか、HiRoの方がはるかに小さいのでゴツッと壁にぶつかった感じでした。。。"ほほほほ~。元気だねぇHiRo。よろしい よろしい"と笑顔だったので気分は害されていないかと…。恥ずかしかったっす。。。マジで。

Lunch TimeはTherapyのProjectの打ち合わせ。
ボスがうちらに気を使ってなるべく分かりやすく話そうとしているのが伝わってくる。『The Giving Tree』って本を使って9歳~10歳向けの参加型ミュージカルを作るんだけれど、参加型ってのが難しい。小学生の頃なんてはるか昔な訳で、何が出来て何が出来ないかとかどうすりゃ気を引けるかとか完璧に忘れてる。そこで美人・賢い・優しいの3拍子そろったBちゃんがいろいろアドバイスしてくれる。彼女、学部はEducation Majorだったらしい。つうわけで、経験を踏まえての意見だからかなり役立つ。このグループ…、うちら以外デキル人間ばかりだな(汗) と、打ち合わせは順調。

が、その後。
久しぶりにどうしようもねぇと思った。
グループも分けられて、Projectは確実に進んでいて、なんとなく仕事も分けられてきているのに友達、授業Dropするって。。。理由?今まで課題をひとつも出してないかららしい。つうか、もうかなりProjectの話は進んでるし、ピーター=ボスの頭ん中じゃ彼女の楽器を使うっていうビジョンがあって、まさにそれがピッタリだって話し合いでもまとまったのにDropするって何だよ!?"教授と話をした方がいいよ。まだ10月だから、これからだって挽回できるかもしれない"ってすすめたけれど、その気はないらしい。"課題をひとつも出してないからPassは無理よ"って言うだけ。ボスからも、教授と話して今からでも遅くないから少しでも出してない課題を提出しなよって言われてたけど、TMIが作れないから無理ってさ。TMIが作れなかったら仕事になんねぇから…。ボス、いいヤツだよね。何度も諭してたよ。"TMIは難しいけれど、今は練習だからたくさん間違っていいんだよ。だから、これでいいのかな?と思ってもとにかく書いてごらん。あとはエドがアドバイスをくれるから。"って。でも多分、Dropするだろうな、彼女。


"あなたはいいわよ!!ちゃんと課題も出してるし、授業だって休んでないもの。私は寝ないで課題をやっても終わらないくらい忙しいのよ!!他の授業だって出席できてなくてPass出来ないかもしれないのにっ!!!"


おい
終いにゃ逆切れか(笑)

寝てないのはこっちも同じだ。
頭から煙が出るほど考えてTMI作ってるっつうの。
朝8時からの授業だって、気持ち悪かったりしんどかったりするのを堪えて出てるっつうの。英語が分からなくて授業が意味不明でも、なんとかある程度の成績取れるように勉強してるっつうの。つうか、今セメHiRoより単位数少ないじゃん。。。

こういう時の彼女に何を言っても無駄なことはもう分かっているので何も言わず、ボスが一生懸命諭しているのを聞いていました。Therapyの授業は知らないけど、他の授業はPassすると思うよ。先セメもそうだったもん。明らかに出席日数が足りないのにギリギリでPassしてたからね。出席はしてなくても、テストは良い点取れてたからPass出来たらしい。自分、欠席0でギリギリの成績。Aural Comprehensionなんていくらやっても点数取れねぇから(笑) 



何がいいんだかね。。。



とりあえず、DropされてはProjectに被害が及ぶのでボスと共にちょこちょこ説得していく予定です。。。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!