I'm back
本日午後、逃避行から帰還。

あー

あー

あー

現実世界。
逃避行つうかさ、週末使って弟に会いに行ってきたわけ。
ちょっとさ、金曜日に凹みに凹んでたからもういろんなことがどうでもよくなっていて、自分の悪いところなんだけど、すべてが嫌でかなり自暴自棄になってた状態だったから、正直、行くのが不安だったんだけどさ。

って、

え?

あんた弟なんかいないじゃん!?いるのは義理でしょ。だって?

いるんだな。
アメリカには(笑)

これがまたどうしようもない恋愛ベタでねぇ。
昨夜は兄貴と一緒に恋愛指導だったよね(笑) 姉貴の方はめっちゃ優しくていつも見守ってくれてるんだけど、HiRoは違うよ。ビシビシ指導入れるもんね(笑) このアメとムチの差がいいんですよ。きっと。ほら、昨日も結論としてあったじゃん?Gapがたまらないって(笑)

え?

あんた兄貴も姉貴もいないじゃん!?妹だけっしょ。だって?

いるんだな。
アメリカには(笑)

男前でCoolな兄貴と天然がたまらなくCuteな姉貴がね。

でさ

双子の妹もいるらしいよ。
昨日、弟が発見したさ。
しかも、双子の片割れはエラ呼吸ができるんさ。(内輪ネタ)

しかしね、最近双子そろって男運がないらしい。
そんなところまで似なくていいって話だよね。

そうそう
弟が通っている大学。アカデミックでいいところ。
ちょうど紅葉が綺麗な時期だったみたいで、すごく景色が綺麗だった。歴史を感じる趣のある建物も本当に素敵だった。あとさ、なんつうか歩いている学生がかなりインテリな雰囲気だったよね。アホ面がいない!!ってのが印象(笑) 大学がある街や大学の雰囲気が大学1年の夏に行ったUCLAによく似てて、ものすごく懐かしくなった。あの時の仲間はみんな元気かな??? あ、Rogerは生きてることが判明したね。またみんなで会いたいなぁ。。。そういや、あれは"アメリカの大学でけぇぇぇ"って思った一番最初だった。ちなみに、うちのガッコは大きいとは思わなかった(笑) 





昨日改めて気がついたんだけど、来セメが終わったらみ~んないなくなってしまう。戻ってくるヤツはひとりいるけれど、自分の同期と友達はほとんど卒業。お世話になっているおねぇさまも卒業だし、学部の日本人友も卒業。一気に仲のいい人たちがいなくなる。なんかそういうのを昨日は改めて強く感じてしまって、ちょっと寂しくなった。珍しいな。自分が寂しいとか思うの。かなりDryな子だから卒業式とかで泣くこともなかったし、また会えるからって思うと悲しさや寂しさとかなかったから。でも、今回はまだ先の話なのに、ちょっと切ない感じがしてる。多分、また会えるからって楽観的に構えられないからかもしれない。なんせ日本とアメリカですから(笑) しかも、自分は出来るならこっちで働きたい派。

それでも

普段、自分が今後もずっと仲良くしていきたいって誰かのことを思うのはごく稀なことで、大抵がどうでも良かったりして、そんな捻くれ者で性格の悪いHiRoがこんなに、これからも一緒に笑いあっていたいと思うのは冗談でも悪ふざけでもなく、本当に珍しいことかもしれない。多分、それだけ自分の中で大きな存在になっているんだろう。シャカリキの連中や大学の同期と同じくらい大きな存在って、自分の中じゃかなり重要な位置に置かれているよね。同期っていうのはやっぱり特別なものなんだと思う。んでもって、そういう出会いは大事にしたい。

5年後、10年後
車内で話した再会が出来たら素敵っすよね。
家族ぐるみで(笑)

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!