今日で留学5ヶ月目。来月には今セメも終わるし早いもんです。秋セメが始まって3ヶ月、なんとなく学部での知り合いや友達も増えてきて、授業は相変わらずしんどいけど、それでも会話やリスニング能力が少し伸びてきたかな?という感じ。いやー、しかしまだまだここで満足しちゃいかん!!!
今夜はStudio Class拡大版の日。持ちよりで食べ物を持って来ようとの連絡があったので、Naoちゃんと一緒に昼ちょい前に買い物へ行きました。オーガニック食品のお店???前から彼女が気になっていたお店らしい。いつも行くい所にはナイような、いろんなものがありましてけっこう楽しかった。若干高いけど、Hiroの好きなハーブティーとかあったし、お気に入りのお店になりそうです。車があれば行けるんだけどね…。

で、2人で学部へ帰ってきて、彼女は自主練へ、HiroはPC Labへ。今日はFreshmenの履修登録の日。日本の大学と違って、ネットで登録できるのが便利。うちの大学は自分で書くタイプだったけど、他の大学ではネットできるところとかあるんですかね???聞いたことないけど。で、途中までスムーズに登録していたのだけど、Aural Comprehensionの登録へ来たとき、すでにfullで登録できないとの表示…。だぁ!!!!!どうすんだー!!!!!!! これ、今取らないとのちのち面倒臭い科目なので、どうしても取っておきたい。で、慌ててアドバイザーへ『何とかして下さいメール』。そしたらすぐ返信があって、登録しておいたから確認してとのこと。助かった…。他の学部の友達からアドバイザーがあまり親切じゃなかったなんて話をよく聞いたりするんだけど、Hiroが見る限り、うちのアドバイザーはすごく親切。細かく授業について説明してくれるし、メールの返信も早いし。日本にいたときから聞いてたけど。うちの学部は対応早いらしいです。それって留学しようと思っている人にとってはありがたいよね。無事、登録も出来、廊下をぶらぶら歩いていると話題のNateクンとばったり会いました。クラスくるよね?と聞くと「今日、ひどい眩暈がしててさ、行くのやめようと思ってて…」と。ちょっと待て、君めっちゃしっかり歩けてるよ???(笑) どー考えても面倒くさいからいかねーって雰囲気かもしだしてるし…。確かに、日曜日にConventionだったから弾きたくない気持ちもわからんでもないが…。こういういい加減なところがアメリカの学生って感じっす(笑) 

そんな訳でNate氏抜きでStudio Classが始まり、クラスの半分くらいの子が弾いて休憩。後半にHiroは弾いた訳ですが、多少のミスはあったものの今回はSchumann&Bachともに止まることなく演奏終了。もっと綺麗に弾けたはずだって思うんだけど、ピアノ恐怖症の今から考えたらたいしたもんだって感じ。甘いかもしれないけどちょっと誉めてあげたい(笑) ちょっと嬉しかったのは、普段Hiroの演奏に無表情のGuga拍手してくれて「よかったよ!!!」と言ってくれたこと。彼に練習したことを認められて感じで嬉しかった。まだまだ努力が足りないのは承知だし、もっともっとimprove出来るはずだって自分を信じているけど、少しピアノ恐怖症が和らいだかな?まだ完全ではないけれど。

で、今回の授業で得たこと。

・考え過ぎない
・自分の世界に持っていく


ってことかな。2回の失敗が響いていて不安な気持ちが心の大半を占めていたのだけど、そんな大事なことを忘れていたよ、失敗した時から。とにかく自分の順番を待っているときに考えすぎるのはよくない。練習では考え抜いてから弾き始めるなんてことないしね。弾き始めはすごく体が硬かったんだけど、複雑なことを考えるのはやめよう、指が動くまま弾いていこうってな感じで開き直れたら少し体が柔らかくなった気がする。で、少しの間だったけど音が素直に自分の中に入ってきて綺麗に響きだして… その瞬間は不安が消えてた。多分、その場の雰囲気を自分のものに出来たんだと思う。こんな感じを受けたのは久しぶりかもしれない。小さい時に発表会でよく感じてた不思議な気分。昔は、”なんだかよくわかんねーけど心地いいなぁこの気持ち”って思ってただけで、それが何なのか理解してなかったんだけど、こういうことだったんだね。また同じ感覚を味わえて、その感覚を思い出すことが出来てすごく幸せだった。

不思議な感覚を感じれたことで、もしかしからピアノ恐怖症から脱出できるんじゃないかっていう光が見えた気がした。それがわかっただけでも、おもしろ人間Nateもいない上、クソ長かったStudio Classに参加した意味があったかも(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!