あ~
さぁて Final3日目

11時からエーデルワイスを元気よく歌い

12時20分から初見でソルフェージュやらリズムやらをやらされ

14時半にピアノの先生とMeeting 来セメの曲について

先生のStudioに行って、いきなり"I'm so pride of you!!!"って

Hugされたのにビビる どうやらJuryでの演奏を他の教授陣からベタ褒めされたらしい

"緊張しているように見えなかったけれど緊張してたの?"

と聞かれ

"えっと、自分でもおかしな症状だなと思うんだけど、Jury本番では

緊張したことない"

って言ったら"あなた変わった子ねぇ。それを普段からしてくれればいいんだけど"

といわれる(笑)

出来るモンならすでにやってます。。。で、来セメの課題曲。

またBachのFrench SuitesとSchubertのImpromptu(これ今セメ中に

終わらせられなかったらね)、あとはChopinのMazurkaからどれか 

で、4曲目は再びBartok 4曲…、多くね???(汗)

つうか

聴音やっちまった

メロディー ひとつもきちんと歌えてない

リズム・音程すべてしくじった

まともに出来たのは2パートリズムだけでした(笑)

って










笑えねぇ!!!!!









Proficiencyって言って、2年間の聴音の授業で身に着けた技術とか知識とかを

はかられるヤツなんですが、これをパスしないと次のレベルの授業に行けない。

おっとぉ

これって

これって

再履修・・・(涙)

つうか

周りのピアノ科(Therapy専攻)の友達、知ってる限りすでに2人が再履修しているこの授業

みんな苦しんでるらしいこと判明

かろうじて先セメの授業をPassした自分がスムーズにいくわきゃねぇ

試験後、すげぇムシャクシャしてて(出来なかったのは自分の能力不足)

"あー このままガツッと飲んで寝てぇ!!!"

と思ったもののまだ昼間(笑) しかも明日も試験が残っているわけで

何を思ったか、普段は絶対飲まないCokeを購入。ビールの代わりかよ。











代わりになんねぇ!!!










炭酸ってことだけは共通…

つうことで、Dalton付近をCoke持ってヤサグレながら歩いていたのは自分です。

あー

明日はTheoryとTherapyの試験

ついさっきまでTherapyのStudy Guideに目を通してたんだけど、なんか非常に

中途半端な理解

つうか

まだTheoryの勉強も十分じゃないから今夜は眠れねぇな。。。

最後の1日

有終の美で飾れるように頑張ります




Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!