Hang out with Music majors
本日は8時から授業

授業後一旦部屋へ戻りGuitarを持って再び学部へ

んで

先輩からのコメントのおかげでLost&Foundの存在を

思い出しSchool of Music のOfficeへ。。。

注:なんのことか分からない人は昨日のブログ参照




あったっっっ!!



失くした帽子&手袋!!!

どこのどなたか存知ませんが届けてくれた人、どうもありがとうございます。 もうあの帽子かぶれないのかぁとかなり凹んでたから箱の中漁って姿が見えたときは慌てて箱から出したよね。いやぁ、ホントに良かった。

そんなわけで午前中にやっとHappyな気分に。
昨日優しく慰めてくれたNateにも"みつけたよ~~"と報告し、友達とLunchへ。ご飯もそこそこにすぐGuitarのクラス。今日の授業はストロークの練習。









余裕♪








普段は同じTherapy専攻の友達とペアワークをするんだけど、今日はパーカッションメジャーのFreshmanの男の子、ジョー君とペア。で、この子がまたカワイイのなんのって(笑) "何でGuitarのクラス取ったの?"って聞いたら"I wanna be a rock star!!"ってwww いやぁ、若い!!!でもGuitarのストロークできてねぇのよ(笑) ドラマーなんだからリズム感はあるはずなんだけどね。。。ピックの持ち方もすげぇおかしい。なにか違うと彼は気が付いたらしくて、ジーっとHiRoの手の動きを見つめだして一言

"俺の弾き方と違う… 俺よりRock starだ"

思わず噴出しちゃったよ。
そこまでRock starにこだわっているとは。。。
でも可愛いので(え、そこ?)ピックの持ち方と腕の振りのコツを教えてあげた。なんで弾けるの?って聞かれたから、昔バンドでボーカルやってたから少しだけ弾けるんだって伝えたら、"HiRo!!君アメリカでもバンドやりなよ!!I love your voice!"って。うん、やってみたいけどね。また歌いたいんだけどね。しかし、ジョーはホントにカワイイ。弟みたいなんですよ。でも、彼の中でHiRoは同い年になっていた…orz そんなに幼くみえるんすね…

で、Guitarの後はTherapyの授業。
NMTのテクニックのひとつ、RASの講義。音楽療法をこちらで勉強するまでNMTなんて知らなかった。日本じゃメジャーじゃないのかな?きちんと理論づけが出来るようなセッションって日本ではあまり見かけない。NMTって難しいんだよね。。。でも、これが出来たら間違いなく療法の幅が広がるし、仕事の引き出しも増えると思う。WMUでNMTが学べる事実なんて知らずに願書を送った自分だけど、先輩方が言うように選択は間違ってなかったなぁと思うこの頃。

全ての授業が15時には終わり、一度Guitarを置きに部屋へ戻り再び学部へ。ピアノの練習です。明日Lessonだから。BachのFrench Suiteを週明けのStudio classで弾くことになっているので暗譜のおさらいをしたりして19時。帰るかな~と思ったら、HiRoを探しているCuteなRachelと遭遇。実は、Rachelから一緒にご飯を食べようって誘われてて、電話がくるはずだったんだけど19時までHiRoの電話は鳴らなかったんですよ。どうやら、携帯を失くしたらしい(旦那Derekが持ってたんだけどねwww) で、きっと練習してるはずだって学部へ探しに来たらしい。2人で買物して、Rachelのアパートへ。すでにDerekが部屋にいて、彼は皿洗いしてました(笑) "彼女が料理を作って俺は皿洗いなんだ"って。"あんた、いい旦那になるよ"って言ったら"当たり前だろ~~~"だそうです。3人でタコサラダを作ってZimmermann(スペルあってるのかな?)のDVD見ながら夕ご飯。非常にArtisticな感じのDinner。Music Majorって感じ。食事の時に会話もピアノのことや自分たちのStudioのこと。3人ともTherapy専攻だから、お互いの授業の話をしたり、教えあったり。そう、このHiRoが、どうしようもなくダメダメなHiRoが、アメリカ人2人にObjectiveとGoalの書き方を教えたりとかしちゃったんですよwww 自分でびっくり。きちんと説明できたことにまたびっくり。でも、初めてこうやって自分の専攻の友達とTherapyについて話しあったからすごく楽しかった。実際、3人でいてもまだ英語が聞き取れてなかったり、言いたいことがうまく伝えられなかったりするんだけど、でも2人もひどい英語なのに理解しようとしてくれて、聞き返しても嫌な顔しないで説明してくれたりして、本当に優しい。2人はこれから練習ってことで22時頃帰宅。いっつも思うけど、この2人は本当に素敵なカップルです。一緒にいても非常にComfortable。自分はなかなか打ち解けられない部分があるから、こうやって友達に家に初めて行ったりすると固まってしまうのだけど、Derekが笑わしてくれたりRachelが話をふってくれたりしてあまり緊張しなかった。WMUに入学して、同期が若すぎて彼らとはあまり打ち解けられなくて、友達が出来ない1年を過ごしてきたから、こうやってアメリカ人の友達とご飯食べてるなんて信じられん。Studioの友達はいるけどさ、アメリカ人で仲がいいのってNateとBethくらい?だし。それもそこまで仲がいい訳じゃないし。"別に俺らは英語が苦手なの気にしてないから、練習相手だと思ってくれていいよ。しゃべらなきゃ変わらないんだから" って言ってくれて本当にこのカップルには感謝です。

今夜一緒に過ごしてますます2人のこと好きになったなー。

こういうカップルってちょっとあこがれる♪♪♪
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
良かった~。あったんやね!!! :)
そのカップル素敵やね~~。同じ専攻で上手くやっていけるっていいなあ。
Yudaiへ
Hey, you are already rockstar, aren't you??? lol lol

YAYAさんへ
そうなんですよ~
見つかりましたっ!!!
Derek&Rachelはホント素敵なんですよ。同じ専攻で知り合いはたくさんいるけどHang outする友達っていなかったから2人と仲良くなれててすごく嬉しいです♪
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!