突然の出来事
今日はホントに1日眠かったぁぁぁ…

昨夜、早く寝なかった自分が悪いんだけどね。。。

夜な夜なGuitar弾いてたの。。。

夜な夜な弾き語ってたの。。。

なんだか急にGuitarが弾きたくなってしまいまして…

そんなこんなで3時就寝でした(笑)

で、6時起床。。。orz

そりゃ眠いわけだっての。。。
眠い眠いと思いつつ8時の授業へ行き、11時、12時半、14時と順調に授業をこなし、木曜日終了。そういえば、Guitarのクラス、やりましたよ指弾き。なんのこたぁねぇしっかり話聞いてればできるじゃないのwww ぎこちなさは残るけれど、まあなんとかなるだろ。

14時からはTherapyの授業。
今回のNMTは先セメ少しやってるからか理解しやすかった。やっぱり、アメリカの童謡とかフォークソングとか知らないと難しいね。少しずつ覚えていかなきゃ。メロディーは知ってても、歌詞がわからないっていうのがけっこうある。。。

で、授業終了後。

席を立ち、みんながパラパラと帰り始めた時だったんだけど









ガターン!!!








Bちゃんが倒れた…

エドがかけ寄って、声をかけたんだけど30秒くらいなんの反応もなくて、エドから"大丈夫だから君たちは教室を出なさい"って言われてうちらはすぐ教室の外にでた。でも、突然のことでみんなどうしていいかわかんなくらさ。Bちゃんは意識が戻ってすぐ起き上がったんだけど、その後すすり泣く声が教室から聞こえて、何がどうなったのか全くわからないのだけどとにかくすげぇ驚いた。彼女、今セメからPracticumが始まっててClinicで2セッション、Grand Rapidsで2セッションの計4セッションやってるって話を前本人から聞いてたんだけど、うちらはPracticumに入っても取らなければいけない授業はあって、いくらセッションがあるからといって他のことをやらなければいいって訳じゃないんです。彼女はGAの仕事もあったはずだから、多分ホントに忙しかったんだと思う。彼女はいつも明るくてしっかり者で真面目な人だから、無理してたのかなってちょっと思った。

多分、あの場にいた誰もが感じたと思うんだけど、正直これって他人事じゃない。彼女が倒れた時もちろん心配したけれど、同時に"明日はわが身"って思った。その証拠にその場にいたヤツみんな一瞬顔が引き締まったもん。。。この授業を取ってるほとんどの学生が近いうちにPracticumに入るヤツばかりだから、他人事って思うことなんて出来なかったんじゃないかな。自分もそうだったし。。。簡単に体調崩してセッションキャンセルとか、体調が悪くて笑顔でセッション出来ないとか、そういうの避けなきゃだめじゃん?だから、どこかで肩の力を抜くとかどこまでが自分の出来る範囲かとかそういうの早いうちに気がついておくのよって以前、先輩に言われたけど、こんなことがあってそれってすごく大事だなって思った。

学生だから許されるとかないんだよね。
だって目の前にはClientがいるんだよ?


Bちゃん、何でもないといいな。。。
彼女、先セメも体調崩してて、長い間実家の方で生活してたからやっぱり心配です…。

この専攻が忙しいのも大変なのも最初から知ってて選んでいるんだろうけど、それでも1年経ち2年経ちと経過するたびに学生の数が減ってる。9月はけっこういるのにね。





なんつーか、

色々考えさせられるよなぁ…




Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!