トカゲ
Voiceの連中のほとんどがシカゴへ

演奏Tourへ行ってる3日間。

Daltonはとーーーーーーっても

静か♪

ぴーちくぱーちく

ぎゃあぎゃあ

やかましいからねぇ…

なんつうか、"平穏"って言葉が

しっくりくる月・火・水の3日間。
今日は15時に授業が終わった後、友達とBronco Mallへ。
明日はMusic History3でListning Testなんだけどしばし談笑。んで彼女と別れた後少し勉強して、2階へ移動。そしたらサウジアラビアのトカゲ君に約2ヶ月ぶりに遭遇!! "ヒサシブリダネ!!"とカタコトの日本語でお互い言い合い(別に自分はカタコトになる必要はナイ)、ここでもしばらく談笑(勉強しろよ…)。"ホントにHiRoは外に出てこない!!いつもどこに隠れてるんだ!!"と言われたけれども、いやいやいや…、隠れてるつもりはないんだけどなぁ。。。(汗) Daltonにいると外に出る機会がどーしても少なくなるからねぇ。最近はストレスが溜まって爆発する前にカフェることもあるし、今日みたいにBronco Mallで勉強することもあるし。

まあ、トカゲ君は、HiRoがInternational Students絡みのイベントに一切参加してないってことが言いたかったんだけれども。。。

参加してないねぇ。

参加する暇がないってのが大きな理由だけどさ。
練習してー、Therapyの宿題してー、友達のRecital行ってー、Therapyの打ち合わせとか友達との勉強会もあったりー、そんなことやってると週末にInternational系のイベントやら集まりがある!!とか言われても出てくモチベーションはNothing。友達もほとんどDaltonだしさぁ、そっちの関係を作り上げるのでいっぱいいっぱいでまた新しい関係作るのはけっこう大変なんすよ。自分は広く浅くが出来ないから余計に。 付き合いとかで参加ってのもあるけど、学部に入り浸るようになってから付き合い減ったし(滝汗) そもそもInternationalの友達はCELCISの同期くらいしかいねぇし(滝汗) 

トカゲはー

"その相手にとってGoodなFriendになる必要はないよ。Just Friendでいいんだよ。もっと気楽に"

とか言ってて、ほう、こいつはそうやって人と付き合ってるんだって思った。

でも

"HiRoは多分真面目に考えすぎるんだ。だから中に入ることを躊躇するんだよ。でも、その分ATCや滝さんみたいにお互い支えあえるBest FriendがHiRoの側にはいる。。。僕は同郷の中にですらそういう友達はいないから…"

って。

彼には、シークレットな話とか悩みを話せる相手がいないらしい。
って、あんたよぉくシークレットな話してくるよ?私に(笑) と思ってたら、"同郷じゃないけど、同期だからかHiRoには色々話せる"って。なんかちょっと嬉しいこと言ってくれるじゃん、トカゲ!!(笑) けどね彼、こんなこと言ってました。

"Why you are girl!? I can't tell our good friendship to my parents because of my religious thing."

彼はイスラム教。

彼の国では大学に入るまで男女が机を並べることはないそうです。
結婚相手も自分の両親や親戚が見つけてきて結婚します(結婚前に相手を見てアリかナシかは言えるらしい) 婚前に異性と仲良くすることなんてもっての他らしい。だから、彼の中でCELCISの同期で、シークレットな話が出来て、悩みも相談しあえる大事な友達と位置づけているけれども、たとえ大事な友達でも相手が異性であるが故、親に紹介出来ないしイスラムの教えに反していると。。。 "僕がこうやって女の子と仲が良いことを知ったら両親はいい気分はしないだろうし、悲しむかもしれない"って。 

自分は異性の友達が昔から多かったけれど、彼のように宗教的なことからそれを非難されたことはないから(そりゃね、男の子とばかり一緒にいるなんてみっともないとか親に言われたこともあったよ)、自分ではどうしようも出来ない力でコントロールされている彼の気持ちを100%理解できるわけじゃない。でも、頻繁に会っているわけでもないし、いつも話をしているわけじゃないのに、彼の中で親に会わせたいと思ってくれてるほど大切な友達になっているのが嬉しかった。



なんで女の子だったんですかねぇ(笑)
男の子が期待されてたらしいんですけどねぇ
まあ、これまでの生き様はだいぶ男らしいですけどwww


Secret
(非公開コメント受付中)

名前の漢字はかっこいいから大丈夫!
HIROTOSHIへ
そうそう、名前の漢字だけは男前!!!!! まだ同じ漢字を使う同性に会ったことがないwww 君の漢字も聡明な感じで素敵だよね。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!