犬にGuitarを教えてみる
今日もいい天気のKzoo

朝のうちは肌寒かったけれど

日中はポカポカ

風が強くなければなおよい
ここんとこあまり寝てないせいか、今日は絶好調に眠かった…。
8時の授業の時点でフラフラ(汗) こりゃたまらん!!と思って、一時帰宅で11時の授業まで仮眠1時間半。授業の後はお昼ご飯に友達と教会まで行って、食べる暇なく慌しく12時半からGuitarの授業。

先々週受けたPerformance Exam。
再びA+ 苦手と思ってたけど指弾きもなんとかなるもんだwww んで、現在クラスでやっているのは『セーハ』。Guitarをやってる人なら分かると思うけれど、1番初めにぶち当たるのがこの『セーハ』 英語でいうと『Barre Chord』 まあ、Fから始めるのが普通だけれど、この『Fの壁』にみんなガンガンぶち当たりまくってる。ぶち当たりまくってキレそうなヤツもちらほら。

授業ではEからF、F#、Gとポジション移動をしていくのだけど、手がモタつくらしくみんなアタフタ。あー、自分も11年前はこんなんだったっけかなぁ???なんて思い出してみたけれども、記憶にナイ。ピアノをやっているのが功を奏したのか、Guitarのネックがあまり太くなかったせいか、実は自分『Fの壁』にぶち当たることなくこのあたりはスムーズに通過してしまってたりするんよね(汗) その代わりに指弾きが苦手なんだけどね(笑) Freshmanのイケメンにぃちゃん(今日隣に座ってしまった♪)は問題なくサラリと弾いてた。やっぱ彼上手だわ。うん。  

んで、ここはやっぱし注目してみるべきでしょう。
イヌ Joe に(笑) さてー、ストロークが相変わらず苦手な様子の彼の『セーハ』はと言うと。。。男の子だから手が大きいようで押さえるのは苦労してなさそうだけど、思いっきり力入れてネックを握ってるよこの子…(汗) そんなんだからポジション移動もズルズル引きずるような感じ。ギューっと押さえているせいで、指や手首が痛くなるらしく少し弾いては、手を休め、また少し弾いては手を休め、と繰り返すJoe。"やっぱ苦労してんなぁ。。。"と思いつつ、自分も練習してると

イヌのみたいな目で"ジー"っと人の手の動きを見つめるJoe
首をかしげて一言

"HiRoの弾き方はRock Starで俺のはロボットだ"



でた

Rock star

"そんなに力いれて握ってたら手首痛くならん?"って聞いたら"うん。痛い。。。でもギューってやらないと音が鳴らないよ?"って。多分、弦を押さえている指のポジションが悪いんだと思うんだけど、確かに三味線みたいな音しかしてないwww わかるわかる!!最初はそうなるよなぁと心の中で共感しつつ指導開始。いやぁ、多分この子バカだから(超失礼)素直に言うとおりにしてくれるのですぐクセが直る。

"ほら!!音が綺麗になったじゃん!!手首もあまり痛くないでしょ?"

"うんっ!!弾けたよ!! もう一回やってみるから聞いてて!!"

ジャーンと勢いよく腕を振り下ろすJoe

"ボロボロボロ…"

えっと… 音が出てないよ 
力いっぱいネック握ってるよ

教えた直後しか直ってない…orz

でJoeに教えているのを彼の隣で聞いていた美人賢い院生のおねぇさんは、ばっちりコツを掴んだ様子。

それを見て焦るJoe
"あれ?あれ?何でだよ、何でまた音が出ないんだ!?"

"手首痛くなってない?フレットの上の指の位置をもう1回確認してみたら弾けるかもよ?"と助け舟。

"おぉ!?うん痛い。綺麗に弾けたときと指が少しずれてる。Hiro!!お前すげーな!!俺じゃないのに俺の手が痛いのわかるんだなっ!!!"

院生のおねぇさん、それ聞いて"そんなに力込めてたら誰だって痛いって気づくわよ"と爆笑。そう、あんた誰が見てもとても痛そうに弾いてるから(笑) 院生のおねぇさんから、"Joe、Barre Chordで上手に弾けたらホントにRock starみたいよね~"なんて言われりゃ"うん!! 俺もRock starになれるよね!!"って、いやいやいや、そんな簡単なモンじゃねぇだろぉ(汗)


この素直さと純粋さがこの子の良いところだよなぁ

HiRoみたいなスレた大人にはなって欲しくないモンです(爆)











 
Secret
(非公開コメント受付中)

おれにはFよりBのほうがむずい
いまだに気を抜くとそこらのコードはあんまり奇麗にならないよね。
まぁ俺の手が極小のも問題ですが。。。
Yudaiへ
FよりBか。
あたしはFかなー。一応女の子で指が細いせいかBの方が押さえやすい。私も手が小さいから(最近気が付いたんだが、掌はデカイが指が短い…orz)、押さえにくいし、気を抜くと綺麗な音が鳴らないよ。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!