ありがとう
さて、実家で生活し始めて4日目。そろそろ、いつまでもぼけーっとはしていられない雰囲気(笑) 

仕事へ出かけていく親から一言。
「洗濯干して、掃除しといて。あ、今日遅いから夕飯も作って!!」
はい・・・、了解です・・・。
そんなわけでして、朝から家事をすることに。そんなもんはあっという間に終わり、午前中はひたすらピアノを弾くことに。それくらいしかやることないっていう、田舎町(笑) ホント、何もないとこなんだよねぇ。そこはKalamazooとたいして変わんない・・・。そんな、のんびりしたところが好きなんだけども。

で、午後はずっとお世話になってたピアノの先生に帰国のご報告。3歳から行ってたYA○AH○のグループレッスンから7歳位で個人の教室へ変えて、約10年間もお世話になってた先生。ここまでくると親みたいなもんです(笑) そういえば猫アレルギーが発覚したのはレッスン中だった・・・。で、習っていた頃から練習はしてこないわ、ひとつの曲を終わらせるのに1ヶ月以上かかるわで、本当に手のかかる生徒だったHiro。渡米前、本人がノホホンとかまえているそばで
「あー。ひーくんが音楽学部になんて入ってやっていけるのかしら???もう、あたしゃ心配で心配で・・・。」
と、真剣に心配してた先生。

うん、とりあえずしがみついてます。脱落寸前に近いという話も耳にするけど(笑) 

Fall、ピアノが弾けないHiroがやっていけたのは同じスタジオのクラスメイトのおかげな気がする。Nao亀さん&Maki亀さん(別のスタジオだけど)はいつも気にかけてくれてたし、Nate氏も凹んだり悩んだりした時にイイ感じのアドバイスをポンって投げてくれたり。GugaやGlennも、何度もとちってヘタクソな演奏のHiroに呆れずにアドバイスしてくれたりと、ホントみんなの優しさでFallやっていけました。Juryはね、正直に言って良い結果ではなかったけど、それでも3ヶ月の間で今まで知らなかったことたくさん学べたし、演奏技術もたった3ヶ月でずいぶん変わったよね。ピアノを弾いてても手が痛くならなくなったし。レベルの高い人たちの中で同じレッスンを受けられてるのは本当に幸せ。盗めるものがたくさん。そんなわけでみんなに感謝。
Thank you so much!!! (Springもご迷惑おかけします・・・。)

『終わり良ければすべて良し』って言葉があるけど、終わり着くまでの過程がすごく良かったから、それでいいかなと思う。確かに、結果は出さなきゃ意味がないものだけどさ・・・。

まあ要するに、結果論より過程論を取るHiroは自分に甘い人間なんですなぁ(笑) 

あ、そういや、先日Fallの成績が出てまして、無事すべてクリアしていました。あんだけ心配だったTherapyのクラス。けっこう成績良かった・・・。ビックリ。Finalそこそこ出来てたのかね??
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!