またひとり…、そしてまたひとり
うぅぅぅ

今日も寒かった~~

昨日の朝と同様

今朝も少し雪がちらつく中

授業へ
さて今日はConductingでChapterごとにあるテスト。
確かこれでシラバスに書いてあるChapterはほとんど終わったんじゃないかな?これからしばらくFinalに向けての指導があって、Performanceの試験を受けてFinal WeekにPaper test。はぁ… まだしばらくはAccompanyingしなきゃいけないのか…orz

Conductingの後はMusic Therapyの授業。

毎年、Fall Semesterに『Intro to Music Therapy』って授業が開講されるのだけど、Therapy専攻にしようかな~と思っているFreshmanとか専攻をTherapyに変えようかなぁっていう学生さんは、まず初めにこの授業を取ります。だから、別にMusic Therapy専攻者だけがいるわけではなくて、秋のこの授業には"考え中"な人がゴロゴロといます。

だから
Spring Semesterになり次の段階のTherapy授業へ行くと、"考え中"だった学生がやめてて、急に人数が減っていたりします。残っているのは院生だったり私みたいなRetake組だけだったり。けど、専攻をやめてく学生さんはそれ以外にもいて…

今週はやめるって話を3人も聞いた

RachelはArt ThrapyをやりたいからMusic専攻だけにして卒業後、Art Therapyのプログラムを持つGradに行くそうで、別にそれだったらMusic Therapyの勉強を続けててもいいんじゃない?って言ったら、取らなければいけない授業が多くて大変だからやめるって。んで、彼氏のDerekは基本的にRachelの金魚のフンなので、彼もPiano Performance一本にするらしい(まあ、この男は続かないだろうなぁと最初から思っていた 授業態度よくないし… 汗)

なんとなくこの2人のことは想像がついてたんだけど、すげぇ驚いたのが同期のA。同期の中でも、順調にコマを進めて今セメからPracticumを始めていたのだけれど彼女もやめるそうで卒業後、歯医者のガッコに行くらしい。ちらっと聞いたのだけれど、思っていたよりPracticumが大変だったとかでやめることにしたって。

んー…
Aが大変なの?

授業とか試験とか完璧にこなすAが?

今までの授業だって楽しんでやってたのに?

実際、Practicumって大変なんだろうなぁってのは身近な学生を見てれば思うんだけど、あのAが!?って感じでびっくり。けど、Peteもこないだ死にそうな顔して外のベンチに佇んでたからなぁ(毎日テンションの高いPeteが 汗) 今でこそBちゃんもSMTAのPresidentをやったりして元気だけれど、Practicumが始まったSemesterにぶっ倒れてるしなぁ。

んー。。。

また学生が減ったなぁ…。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!