I'm an international student
今日は授業がない日。
でも、毎度のことながら学部へ。やっぱり10時くらいにはDaltonにいて、午前中は図書館で宿題やってた。空き時間を有効に使わないと
宿題終わらね~~~~~。
そんな感じで午前中は学部にひきこもりだったわけですが、午後ももちろんDaltonで過ごしました。練習したり図書館でネット使ってたり。とにかくここんとこホントに学部から出ない。ま、いい傾向なんだけど。

今学期は、Englishの授業も取らなくていいし、Theoryも超基礎クラスから脱出できたから、Nativeの子と一緒の授業がほとんど。International studentsは他に3人くらいいるのだけど、みんな大勢のアメリカ人に埋もれて授業を受けている感じ。特にMusic History。Freshmenの必修授業でみんな今セメから履修するから若いやつらの人数がハンパない。みんな騒ぐし、授業が始まる前なんて動物園状態(笑) で、そのノリについていけない年寄りなHiro。よく考えてみると、自分、今の同級生に友達いないんよね。友達と呼べるかわからないけど、よく話をする子はみんなJuniorとか上の学年。やっぱ若い子とは合わないのか(笑) で、Fallは少人数のクラスだったのと、Internationl studentsの子らと一緒にいたせいかあまり”うぉっ、自分だけアジア人じゃん!!”みたいな感覚にならなかったんだけど、こないだのHistoryのクラスで、両脇をNativeグループに囲まれ、友達が見つからずひとりで座っていたHiroは非常に孤独を感じることに…(笑) ま、基本的にひとりもで大丈夫なタイプだから、一瞬だけ”微妙な所に座っちまったな…”と思ったけどすぐ慣れました。日本人ひとりっていう環境には特に動じないのだけど、そんなことより友達がいないってことの方がちとキツイかも。ガンガン話し掛けていけるタイプなら良かったけど、悲しいかな、Hiroはその逆。日本で内向的な人間がアメリカに来たからって急にアグレッシブになれるわけないっすよ。と、その辺りの改造はほぼあきらめ状態。そのうち気の合うヤツがみつかるさ。

夜は、Bernhard Centerにて勉強。で、その時に熱い男”K”と話したのだけど、正直に言って、もう2セメ目だというのにHiroの中には”音楽療法士を目指して留学をしたけど本当にこれで良かったのだろうか?”っていう疑問が多少まだあって、そんな疑問を彼との会話の最中少しもらしてしまった。あまりこういうことを人には話さないのだけど、何故か今夜はポロっと。多分、彼にそうさせる何かがあるんだろう。まだ英語も未熟だし、授業についていくのは精一杯だし、この先自分の求めているものが手に入るかなんて分からない、多分そんな不安が今セメが始まってFallよりもレベルの上がった授業を受けた結果、浮かんできたんかな。Kと話して、留学が良かったのかそうじゃなかったのかなんてやってみないと分からない訳で、本当に自分の気持ちが駄目になった時にアメリカで勉強することをあきらめればいいし、そうならなかったら続けていけばいいんだよなぁって思えた。うちらは正規留学だから先は長いし、しかもまだ2セメ目でそんなこと不安に思ってもね。まだ、何が何だかわかっていない状態なんだからさ。すぐに結果を求めようとするのは自分の悪いクセで、時間をかけた方がいい答えがでることだってあるのに、たまにそのことを忘れる。最近の自分はそんな感じだったかも。

留学してるって言うと”格好いいね”なんて言われるたりけど、別にそんないいもんじゃないよね。言葉の壁と闘ったり、自信喪失したり、新しい人間関係で悩んだり、課題や勉強に追われる日々だし。自分の弱い部分ばかり見えたり、時には自分ってホントは駄目な人間なんじゃないか?って思ったり、格好悪いことばっかじゃね? でも、悩んだり落ち込んだりした時に話が出来るヤツが周りにいるってことは格好イイことかもしんないね。自分の弱みや辛さを人に見せずに努力する人もいるけれど、自分はそれが出来ない。ためこむと、爆発して自滅するタイプ。だから、今夜みたいにKやYukiなんかと話すことは新しい視点で自分を見れるからすごく意味のあることだと思う。普段はホントに馬鹿なことばかりやってる連中だけれど、たまにやる真面目な話はとことこん真面目で、しかも熱い。

そんな人間が周りにいてけっこう自分って幸せなヤツかも…。
Secret
(非公開コメント受付中)

そう!そのうち気の会うやつがみつかるよ。なんかさぁ、アメリカ人だから、日本人だから、って自分で囲っちゃって全然ちがう人間なんだって思っちゃわない?俺はちょっと思ってた時期があったんだけど。変わらないよ!アメリカ人であろうと中国人であろうと深い人間はいるし、そういうやつらは、「あ、こいつ面白い」って分かってくれるよ(こういうやつらはInteresting personに餓えてるんだよ。なぜかというと、、、)。逆にうっわぁーマジで?ってくらいスカスカの奴もいっぱいいるから。あとね、俺はAnti-Christianだから(笑)けっして信じる者は救われるとは思わないけど、がんばる奴は救われるって確証してるよ。これはぜったい。世の中うまくできてんなぁって。その人にとって確実にプラスになるんだよなぁ、だいたい自分が思いもよらなかった方向でね(笑)
それに英語の力は嫌でも伸びるから。そしたら気の合う友達もできてきて学校もだんだん余裕が出てきて、もっと楽しめるようになるよ。ほとんどのアメリカ人なんて、あいつら英語できるからって、遊びまくりなんだから。くそー!あと留学生でも遊んでるやつは遊んでるね。二年、三年たっても目標とかもあいまいで日本語ばっか使ってるとか。Hiroはでもそういうやからとは全然違うじゃん。だから大丈夫。Tomorrow is your day!Everything's gonna be ALL OK!!
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!