うちの学部は仕事が早い
相変わらず

晴れているにも関わらず

肌寒いKzoo

んー

もうちょっと暖かくてもいいんだけどなぁ


さて今日は授業がない日なんですが、13時からI-20延長の話をしに学部のAdvisorのところへ行って来ました。アメリカの大学にはそれぞれの学部にAdvisorがいて、履修登録の相談や卒業時期の相談なんかが出来るようになっているんです。




大概の学部でこのAdvisorってのが使えねぇ


Advisorなのに自分のOfficeにほとんどいなかったりとか、空き時間が10分しかないのにどう考えても移動で15分はかかるだろ?っていう履修案を作ったり(某空飛ぶ学部ですね 笑)と、HiRoの周りでもAdvisorってのは名ばかりだって話をよく聞きます。

けどねー
うちの学部のUnder担当のAdvisorは他の学部の噂に聞くようなひどいAdvisorじゃなくて、なんつうか仕事はしっかりやってくれる出来る人なんですわwww 履修案もPossibilityをずらずらっと並べてくれていろいろ話をしてくれるし、必要であればその場ですぐ他の学部やOfficeに連絡を取ってくれるし。ちょっとした質問とかはメールでするんだけど、その返信も早い。大概、その日のうちに返事が返ってきます。見た目は穏やかそうな感じでのほほんとした感じの女性なんだけど、仕事が早い。そんな訳で今日持っていったI-20問題もなんとかなりそう。すぐOISSにも連絡いれてくれたし。問題はOISSがいつ連絡してくるかだな(汗)

彼女の仕事の早さは留学前の相談なんかでも知ってて、Auditionの課題曲のことでメールをした時もすぐ返事が来て、アメリカ人なのにもう返事がきたよーと少し驚いたことがありました。仕事が早いと言えば、うちの専攻のDirectorも早い。Brianのレスポンスの早さもアメリカ人とは思えぬ早さです(笑)

そんなんだから、School of Musicにいるとなんかアメリカ人がテキトーってことを忘れがちになるんだけど、学部外に出ると痛感。OISSはやっぱり使えねぇ(笑)




Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!