復習
今日もいい天気なDetroit

ここんとこ、夏の日差しだけれど

風が爽やかで気持ちのいい日が

続いていますwww

いい季節だぁ♪


今日は午前中は部屋でぽけーっとしていたのだけれど午後はちょっと外出。アパートの近くにあるスタバへ勉強をしに。金曜日ってことで16時までらしい。Summerの間は17時までみたいなんだけど、こういう早い時間に閉まってしまうのって、学生にとっては不便じゃないのかな?まあ、Semester中は22時頃まで開いてるみたいだけど。それを考えると、WMUの周りのCafeはなかなか頑張ってるよね。24時間営業やら夜中3時まで営業やら。

某巨大SNSでは書いたけど、夏の間に復習を!と思って最近この本を読んでます。


NMT

RHYTHM, MUSIC, AND THE BRAIN


Neurologic Music Therapyを勉強する時に必ず読むであろう本。
これ、うちの大学だと(Undergradの場合)”Mehtod of Adults”と”Method of Children”の授業で使っています。もう既に授業は取り終わってるけれど、受講中に最初から最後まで読んでいるはずがなく(汗)、必要な部分しか読んでいないのでもうちょいしっかり読んでおこうかなと思って、表紙を開いてみたわけです。かいつまんで言えば、音楽と脳神経学のお話な訳だけれども、読み直してみると心理学的な知識であったりもちろん音楽的な知識であったりと、色々必要な知識ってのがあるもんだ思い知らされるわけであり、なんつうか知らないことが多すぎる自分は(当然ながら)未熟だなぁと(汗) でも、Music Therapyを勉強してない人でも、読めば、『音楽療法』って言葉を聞いて「あぁ癒しでしょ?」みたいな考えは100%なくなる本でございます(笑) (NMTは音楽療法のテクニックのひとつのようなものだし、音楽療法の中にはリラクゼーションもあるっちゃあるけどね) 日本語でも出版されてるんだそうで。読んだことないけど。

せっかくね、WMUでMusic Therapyを勉強してるんだから、他の大学では簡単には学べないNMTをしっかり学んでおきたいなと。普段から何も考えずにちゃらんぽらんに生きてる自分もたまにはこういう真面目なことを考えたりするんです。(考えるのは自由、実行するのか否かが鍵 爆) 

そんな訳で、他人の大学のスタバやら図書館でテキスト広げて勉強してるんです(笑) しかもWSUって音楽療法科ってないんだよねー。音楽学部はあるけどwww けどね、この大学ってArt Therapyはあるんですよ!!ちなみにWMUにはナイ。

あ、そういえばこの図書館寒くないな。
何時ごろ閉まるんだろ?18時くらいまでは開いてるかな?



Secret
(非公開コメント受付中)

>> あ、そういえばこの図書館寒くないな。

どの図書館だろ?
Scinece and Engeneering Libraryは寒いよぉ!
室温以外の意味で(爆.
カメさん
私が行くのはUGLで~す
他所の大学でさも学生かのように
テキスト開いて勉強してます(笑)
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!