あぁアメリカ
今日は朝からAdvisorとミーティング



OrganのLesson

PracticumのIntake&Assessment

午前中、フル稼働(爆)



そんな訳でミーティング。
アポの時間は8時半

自分で予約をしてきたとは言え、早い。。。

つうことで、久しぶりに6時半起きwww
ミーティング・OrganのLesson・実習先でのAssessmentと、午前中は空き時間がないまま進んでいくので、朝から実習用の服(要するに小奇麗な格好 爆)を着こんでミーティングへ。

AdvisorにもうPracticumの予定が変えられないことと、その結果Jazz Danceを履修取りやめすることを伝えて、さらに、Double Practicumをするにはスケジュール的に無理なんじゃないかと思っていることも伝える。もし、今後残りの3セメスターをSingle Practicumにすると、卒業がまた延びることになります(涙) 現在の時点で卒業予定は2010年の夏2。で、伸びた場合、恐らく2010年の秋学期が卒業予定(夏の間にインターンに入れた場合の話) AdvisorはI-20の延長ができるかどうかを心配していたけれど、あまりに大きな負担を感じながら実習をしてくよりも、多少の余裕があるほうがいいんじゃないかと言ってました。つってもさー、HiRo、どんだけ長い間、学部生やってんだっつう話だよ(爆)

選んだ道とは言え、周りからの精神的・経済的サポートがあるから成り立っていること。そういうことを考えると、卒業せずに実習まで終わりにして日本へ帰ったほうがいいのかなぁと考えてしまう…。

ま、考えたところでどーしようもないんだけど

で、

ミーティングの後は9時からOrganのLesson。

Lessonは9時から

9時からです



教授がStudioに入ってきた時間









9時半(爆)










そらねぇよ(滝汗)


確かに、"朝1のLessonにはたいてい15分くらい遅れてくるからね。だから、HiRoのLessonには9時15分頃くるよ"って言われてたけど(だったら9時15分開始でよくね?)、30分も遅れてくるなんて。。。 Lesson後はAssessmentのためにすぐEast Campusまで行かなければならない自分は、もうちょっとLessonをしたそうなDr.Sに断りをいれ、Daltonを脱出。

うちのピアノの先生も5分~10分はLessonに遅れることがよくあったけど、30分は長いだろー。忘れられてるのかもなぁなんて思いながら教授がくるまで練習してたけど、普通は授業開始20分経っても教授が来ない場合は休講とみなしてもいいんだよね。(ま、たいていみんな待ってるけど) たいしたLessonも受けられず、でも、来週までのAssignmentはたっぷりで今セメ2回目のLessonが終了(笑)

なんか
もう慣れてきたよね
こういうことにも(爆)

いちいち騒ぎ立てても仕方ないっていうか(笑)
お金を払ってLessonを受けているわけだし、練習に時間を使えたとは言え待ってる間は時間の無駄だったとも取れる訳で、言うべきところはきちんと言った方がいいんだろうけどさ、どーせこ来週も教授はこんな調子だろうしねぇ(汗) 実習先に送れずに行ければそれでいいっす。PriorityはOrganじゃないもの(爆)

さてー、明日も1日慌しい日。
11時~11時50分でもう1つの実習先でObservation
すっ飛んで帰ってきた後は12時半からHolistic
13時45分に終わったらDaltonに移動して14時からChoir

11時から14時の3時間が魔の時間(爆)




Secret
(非公開コメント受付中)

>> 30分も遅れてくるなんて。。。 

日本なら大喝采だけれどもね!
ちなみに某KO.教員が15分遅れてきたら
帰って良いことになってる(爆.


>> 周りからの精神的・経済的サポート

俺も,特に経済的サポートからくるプレッシャーから
逃れるために,年度初めは金集めに奔走したなぁ.
しかも,狙うは給費の奨学金のみ(≠貸費).
ホント,こんな変態に投資をしてくださった基金の皆様,
ありがとうございました(ww.
カメさん
これが講義形式の授業だったら、絶対
帰ってますね(笑) KUISも確か15分だか
20分だか経っても教授が来ない場合は
休講とみなされるってなってたように
思います。
私の場合、金銭面はすべて両親なので
人のお金で勉強させてもらってる分
頑張らねばならないんですが、そう言いながら
もう4年。しかも卒業に5年かかるし(滝汗)
ホントにとんでもない娘ですよ。長女なのに。
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!