春を告げる動物
寝不足の日々が続いています

HiRo

です

日・月・火と満足な睡眠が取れていないので

週の真ん中の今日はかったるくて仕方ない

出会う友達みんなから"HiRo?ダイジョブ?"と

心配される始末。。。

寝たい。

10時間位ガツっと寝たい(切実)




そんなこんなで、相変らず忙しい日々なSpring Semester。
気がつけばもう2月だし…。えぇ!?って感じ。1月、あっという間に過ぎていったよ。つうか、1月ってあったっけ?みたいな感じ(謎) 新しいSemesterになるたびに、"4ヶ月弱もあんのかぁ。。。"って思うけど、始まってしまうと息をつく間もないほどあっという間に過ぎていくんよね。年末あたりになると、これからいよいよ冬本番!!って意気込んで冬を迎えるけど、それも年明け2ヶ月くらいでその後は割と常識的な寒さだったりするわけで。あ、常識的な寒さってのは-1℃~3℃くらいのことね(笑) 3℃以上?それはもう軽く春の訪れですよ(違)

そんな訳で、2月に入ってから少し暖かい日も増えてくるようでして、今週はまだ氷点下で寒いのだけれど、週末は5℃を越える日もあるんだとか。来週の予報でも、脱☆氷点下の日が並んでたりして、立春を迎えたってなんだか実感できそうな感じ。

つうか今年は


もうグース見たし(爆)


今週に入ってから頻繁に見かけるようになったけれど、今年初めてヤツらをみたのは確か2週間前。昨年は2月に入ってから見かけるようになったから、今年は随分早く渡ってきたんだなぁと。まぁ、彼らを見かけたからと言ってすぐ暖かくなるわけじゃない訳で手放しでは喜べないけど、彼らの存在は春の訪れが確実に近づいている証拠。

で、
今まで知らなかったのだけれど、グースの他にも春の訪れを知らせる動物がいるらしい。
この人(?)↓





Groundhog
Groundhogさん


あれ?これってウッドチャックじゃねぇの?って思ったんだけど、どうやら彼らは仲間らしい。ちなみにリス科。ジリスって言って冬眠するんだそうな。で、このGroundhogさん、立春の時期(まさに今頃)になると冬眠から覚めて、ノコノコ地中から出ていらっしゃる。出てきたときに自分の影が見えると(要するに晴天)、まだこりゃ冬は遠いつってまた冬眠に戻るそうな。で、逆に影が見えないと(曇りの日)もうすぐ春だぜーっつって、活動開始。NYやペンシルバニアの方ではGroundhog's Dayって言って、彼らの行動を用いて春が近いか遠いかを占うんだそうで、それなりに知られてるお祭りもあるとのこと。

この話、PartnerのKeithから聞いたんだけど、あのおっさん、今日Groundhogさんを見たんだそうな。こんなに早い時期からヤツらが活動してるのはあまり見ないんだけどねって言ってたけど、それって春の訪れが近いってことっしょ?実際、今週末から来週の天気予報では気温が高い日もあるようだし、これってホントにそろそろ雪の季節が終わるってことなんかねぇ???

つっても、Michiganは4月になっても雪が降る年があるようなところ。
まだまだ油断はできません(爆)



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!