今セメの言語療法
昨日に引き続き

今日も寒かったKzooです

太陽が顔を出しているのに

小雪が舞うっていう不思議な空模様



綺麗だからいいんですけどね



本来なら、金曜日は授業がないのでのんびり寝ていられるんですが、今日は9時からSpeech Pathologyを受ける日。

Speech Pathology?

そうです
先セメに引き続き、今セメも受けることになったんです(汗)

つうか、
W教授は"お金がかかるものだから、もしHiRoが必要ないと感じてたら受けなくてもいいよ"って言ってくれたんですよ。けど、Speech PathologyのClinicで勝手に登録されていた様子で、今更断れる雰囲気じゃなかったわけで…。正直ね、1セメだけで終わりだろと勝手に思ってから、次のSemesterの予定を入れなきゃいけないから予定を言えって言われて"え?マジ!?"って言う…(汗) そんな訳で、渋々予定を伝えたところ、自分の空いてる時間ではPracticumの学生の担当は無理とのことで、結果、宛がわれたPathologist、


資格アリの本物のPathologist(爆) 
しっかりDrまで持ってらっしゃいます


さらに
この人


Musicの教授(爆)


Voiceの教授さんなんだそうですが、自分、全く存じ上げませんでした(汗) Voiceの友達に聞いても知らないヤツがいたけど、あまり表立ったことはしてないのかな?まま、とにかくMusicでDr、Speech PathでもDrって言うなんていうかのアレよね(滝汗)

で、まともなSessionを受けたのは今日が初めてだったのだけど、そら相手はプロですよ。先セメ、発音記号を書いてくれませんか?って頼んだ時に"え?何それ?"って返ってきたPracticumの学生とは違います(笑) 最初っから発音記号で母音の発音の違いを説明しだしたり、綴りは違うけれど同じ発音のものを持ってきて、わかりやすいように例を考えてくれたり。やっぱ知識量が違うわと。で、自分もこれでも昔は劣等生とは言えど、関東ではそこそこな外語大で音韻論やら文法論やらそんなんを勉強していたわけで、ただ耳で聞いて発音するより頭も使って発音する方が良かったりもするわけで。教授さんにそのことを話したら、"やりやすくて助かるわ"と。実際、今日やったことってよく考えると、大学時代でやったことそのまんまみたいなことばかりでして。

つうかさ、
やっぱりさ、
ってことはさ、


K○ISのやり方、間違ってないよ
三流大学、頑張ってるよ

うん

真面目にやってたらそら英語ペラペラになるヤツもでてくるわ
そらTOEICで900近くのスコアをはじき出すヤツがでてくるわ

はい
これで


自分がどーしようもない学生だったってことが証明されました(爆)


まー
なんというか
HiRoの場合、大学入学してすぐに周りと自分との間にあるSpeaking能力の違いに愕然として、英語というよりも比較文化とか比較文学とかそっちに思いっきり方向転換したからなぁ(笑) そら、M教授も"留学なさるそうですが、語学力の方は大丈夫ですか"って心配するわ(笑) 


それはさておき
1回目のSessionを終え、表向きではとても好感触。



最大にして唯一の難点








Session Feeが馬鹿高い








1回、100ドルて。
そら相手はプロだけれども
1回、100ドルて。

本来なら週1、もしくは週2でのSessionなんだけれども、料金が異常に高いので月1のSessionにしてもらっています。いや、けど、それで結果はでるの?みたいな。まー、別にSuperviseされる必要もないみたいだし、関係ないんですかね?一応、教授さんがClinicのDirectorさんにDiscountできるかどうか聞いてくれるってことなんですが、


1回、100ドルて。
はぁ…。



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!