ある意味天才
日本への一時帰国は

たいていあんまり気が進まないんですが(おい)

食べ物とか

友達だとか

楽しみなものもあるわけで

その中でも

やっぱり一番なのが・・・




F1








Formula 1ですね。

アメリカでも観られないわけじゃないんです。
Speedチャンネルで毎戦放送(録画)してくれてます。時にはFOXでも。ただ、Detroitの相方宅では見られるんですが、私の住んでるアパートでは大学のケーブルにSpeedがなくて観られないんです。で、テレビで観戦できるのは、相方宅に遊びに行っている夏の間のみ。あとはDVDをもらったりとか。そんな訳で、地上波でもF1が観られる日本に帰国中の時は眠い目こすりながら、時にはビール片手に観戦するのが楽しみ。

で、昨夜もしっかり観てたんです。
レッドブルきてるねぇとかバリチェロの髭どうなのよ?とか、まあレースに関係あることも無いことも色々思いながら観てるんですけど、いやー、これはね、もうどうなのよ!?ってことがあって。前々からなんとなく思ってたことでもあるんだけど、2年ぶりに日本で某テレビ局が放送してる地上派のF1を観てですね、もうこれはねぇなと。レース中に何度噴出したか。

某テレビ局さんは毎年色々よく考えるよなぁと思うんです。


ドライバーのキャッチコピー的なもの


これが久々に観たらすげぇひどくておもしろくて。


HiRoなりにちょっと分けてみたんで書いてみます。


これはまあアリなレベル

ハミルトン:史上最年少ワールドチャンピオン
ウェバー:オーストラリアの英雄

-----
まぁ、この辺は無難かなと。
確かにウェバーはオーストラリア人だし故郷でも人気あるし。
ハミルトンもね、わかりますよ。納得ですよ。


ちょっと”?”だけど、まだ許せるレベル

キミ:逆襲のアイスマン
バトン:HONDAイズムの継承者
中嶋:宿命のサムライ

-----
うん、Kimiがそう書かれちゃうのも仕方ないです。
”ただアイスマンって使いたかっただけじゃね”みたいな
突っ込みもありつつもね(笑) バトンのは、え?HONDAイズム?
ブラウンGPがHONDA受け継いでる?みたいな(爆) 
中嶋に関してはこれはもう日本人だからサムライでよくね?って
雰囲気がぷんぷん(笑)


そろそろ雲行き怪しいレベル

マッサ:悲運のブラジリアンヒーロー
ニック:小さなマイスター
フィジコ:インドF1夢前案内人
バリチェロ:鉄人
ニコ:音速ディカプリオ
ベッテル:奇跡のワンダーボーイ
グロック:不屈のゲルマン魂
スーティル:ザ レインマン
クビサ:東欧の異端児
アロンソ:若きレジェンド

-----
えっと、どこから突っ込もう?(汗)
マッサですね。悲劇か?本人悲劇だと思ってんのか?
いやー、対して評価されてなかった頃からフェラーリで
彼はむしろツイてるドライバーじゃねぇの?
ニックは小さかったっけ?そんな小さくねぇような。
もうなんでもいいからとりあえず書いとけなレベル(笑) 
フィジコもねぇ、いいドライバーなんですよ。ベテランなんですよ。
それがなんか観光ガイドさんみたいなフレーズつけられちゃって。。。
バリに関してはたった二文字、『鉄人』ですよ。
ただ、レース歴がなげぇだけで鉄人て(苦笑) 
よく顔見てないんだけど、ロズベルグってディカプリオなの?
え?そうなの?似てたとしても音速ではない(爆)
ベッテルもね、きっと今まで一生懸命やってきたんですよ
でも、奇跡ってワンダーボーイて(笑) 
グロックに関しては彼がドイツ人だからってだけのフレーズじゃねぇか? 
スーティルもなんだかこれじゃ雨男みたいじゃん。まあ、Wetの時に
強いってことが言いたいんだと思うんだけど。
クビサもポーランドでF1に興味あるやつは変人みたいな書き方されて…。

まあでもなんだかんだ言って一番ひどいのはアロンソかな。


現役なのにレジェンド


そういうのは現役引退したドライバーに使うもんじゃ…。
引退した偉大なドライバーと同等なくらいすごいってことが
言いたいのかな?


F1なめんな


さて最後、なんていうかパラレルワールド展開中。


求めてるものが何のか意味不明なレベル

トゥルーリ:情熱のファンタジスタ
コバライネン:オーロラエキスプレス
ブルデー:アルプスシンドバット
ブエミ:F1ハリーポッター

-----
情熱て!ファンタジスタて!
トゥルーリ、どっちかって言うと走り熱くないYO!!
イタリア人、みんなファンタジスタかYO!!
コバライネンのは何が言いたいのかわかりません。
フィンランドでもオーロラはみえるんですか?
ブルデーのはどこからシンドバットが出てきたのかが謎です。
ブエミ、いつのまにか魔法学校に入学してたみたいですねって、
ちょっと知的なメガネかけてるだけやろが!!!



と言うわけでイギリスGP。
なかなかレースに集中できなかったのは


このとんでもねぇキャッチコピーが原因です(爆)



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!