若者パワーをくらう
昨日の午後から

部屋でネットが繋がらなかったHiRoです。

大学のネットワークに入るための

IDやパスワードを入れる所まではOKなんだけど

その後、FirefoxやIEを開くとエラーメッセージの繰り返し

どうにもできんとホント気持ち悪い。


で、
今日の朝も同じエラーメッセージが出てきやがったので、最後の手段、OIT(Office of Information Technology)のHELP DeskへPCを持っていくことに。OITに電話して、指示してもらいながら自分で解決するって方法もあったけど、電話…、ねぇ?(汗) 対面しての会話ならもう躊躇しなくなってきたけど、まだ電話での会話には抵抗があるわけで。そんな訳で昼前にPCを持ち込む。

いやー、新学期直前とあって混んでた混んでた。
10人くらい既に待っていて、OITのバイト君たちは2人いっぺんに担当していると言うのになかなか自分の番までたどり着かん。暇だなーと思ってたら、隣に座ってきたFreshmanの女の子2人組に声をかけられて雑談。いやー、この2人がなんつーかまさにFreshmanだった訳ですよ(謎) んー、日本の女子高校生みたいなノリで、ギャルちっくっていうかパリスヒルトン?みたいな(さらに謎) とにかくキャピキャピ感がすごい。で、そんな彼女らと会話したんだけど


彼女らの英語が聞き取れんかった…(汗)  


えっと…
"英語できん"が口癖みたいになってるHiRoですがね、これでもMTの友達の英語はだいたい聞き取れるし理解もしてるんですよね。もう5年目ですから、いい加減英語にも慣れて来てるはずなんですよ。が、聞き取れるんだけど聞き取りづらいみたいな感じで、ちょいちょい"ん?"みたいな瞬間がありまして。で、その時黒人の女の子も一緒に会話していたのだけど、そっちの英語は聞き取れる(バリ黒人英語だったのに!!!)。ちなみに、彼女はSenior。まさかと思うけど、いや、多分この見解で間違いないと思うんだけど、パリスヒルトン2人組の使う英語は日本語で言うギャル語な感じなのではないかと。


"ぱねぇし~"みたいな(笑)


むかーし、あのサッカーのベッカムさんは英語でも若者英語を好んで使うなんてことをテレビで見たんだけど、確かにベッカムさんの英語ってちょっと聞きなれてる英語とは違ったんですよね(アメリカ英語、イギリス英語という訳でなく)。 若者が操る日本語があれば若者が操る英語もあるってことですよね。彼女たちの喋る英語は確かに超高速だったけれど、それだけが聞き取れない理由でないと思う。やっぱね、単語と単語の間がちょっとカッコつけてるような、うーん、なんかとにかくハリウッドのお騒がせセレブがキャピキャピ喋ってるようなって言うか。


あー、もう、うん、とにかく英語のギャル語だと思う(強引なまとめ 汗)


Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
一応、Music therapist。

2005年、渡米。
ミシガン州の大学で音楽療法を学び、
どうにか音楽療法のコースワークを終了。
2011年6月末にアメリカ1残念な
都市近郊での半年間のインターンシップが終了。

2011年夏完全帰国。
現在は海アリ県でのんびり生活。

いつも心に
Where there's a will,
there's a way


質問等、御用の方はコチラまで
soundscape_smilemaker
♪yahoo.co.jp

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中!!